お申し込み

Archive

コワーキングスペースとは?シェアオフィスとの違いやメリット・デメリットを詳しく解説!

現在のコロナ禍の中で、副業を始め、起業や独立を考えている方が増えてきています。

その際、多くの方が悩む問題として仕事場の確保があります。
自身で事務所を契約すると時間やイニシャルコストや、賃貸費や通信費等のランニングコストがかかるということが大きな問題になっているのではないでしょうか。

近年、コワーキングと呼ばれる個人事業者や起業家、在宅勤務の会社員、ノマドワーカーのような働く場所の縛りがない環境で働いている人たちが増えています

この記事では、そういったコワーキングの方たちが利用しているコワーキングスペースについて、メリットデメリット、シェアオフィスとの違いをお伝えしたいと思います。


コワーキングスペースとは?

仕事をするための快適な空間

PC作業などの仕事をするために電源や高速WiFiが完備されており、場所によってはドリンクバーがあったり仕事に必要なペンなどの備品貸し出しをしているところもあります。

会議の利用ができる

ほとんどのコワーキングスペースは会議室を設けており、事前に予約をするとコワーキングスペースを契約していない方とも会議をすることができます。

他の入居者と関わることができる

人と直接雑談ができるフリースペースやカフェスペースを設けている場所も多く、そこでビジネスの輪が広がることもよくあることです。
なかには無料でアルコールを提供しているところもあり、お酒のみながら情報交換をすることができます。

シェアオフィスとの違い


結論から言うとコワーキングスペースとシェアオフィスの明確な違いはありません。

しかしコワーキングスペースの多くは、個室になっていることは少なくカフェのように席を自由に選び仕事をするのに対して、シェアオフィスは個室で座席指定されていることが多いです。
現在では双方を併設しているところもあり、個室を契約しシェアオフィスとして利用するもよし、指定の座席は契約せずコワーキングスペースとして利用することもできるといった業者も存在します。

コワーキングスペースのメリット・デメリット

~メリット~

  1. 仕事をするためのインフラが整っているため集中して作業に取り掛かることができる。
  2. 多種多様な業種の人達と関わりを持つことができる。
  3. 仕事場を低コストで確保することができる。
  4. 打ち合わせのための会議室を確保することができる。
  5. 業者によっては各地にスペースが用意されているため、仕事場に困ることがなくなる。


~デメリット~

  1. 自由席のため入居者が多い場合は席がいっぱいになってしまうことがある。
  2. 自宅で気兼ねなく仕事ができる方であれば無駄な費用となる場合がある。
  3. カフェスペースを併設している業者では、周りの雑音や会話の声が聞こえてしまう。

自宅で仕事ができるならバーチャルオフィスがおすすめ!

これまでコワーキングスペースについてお話してきましたが、中には自宅でも気兼ねなく仕事ができる方のいるでしょう。
その場合は、バーチャルオフィスで住所をレンタルして開業をすることをおすすめします!


というのも、先述の通りコワーキングスペースはレンタルオフィスと比べると比較的安価なのですが、
どうしても実際にオフィスを利用するため、住所をレンタルするバーチャルオフィスと比べるとランニングコストがかかってしまいます。


弊社バーチャルオフィスNAWABARIでは月額980円~で住所、03電話番号、電話要件転送、郵便物受け取り・転送サービスの利用が可能となっております。
詳しくは下記HPをご参照ください。

NAWABARI HP

まとめ


今回は、コワーキングスペースについてお伝えさせていただきました。
副業や起業、独立を考えている方が増えている中で、自身で事務所を契約すると時間や大きなイニシャルコストがかかったりと大きな問題になります。
そんな中、低コストで仕事場が確保でき、設備も整っているコワーキングスペースはそういった方にぴったりかもしれません。

またコワーキングスペース以外にも、バーチャルオフィスという選択を提案させていただきましたが、
何かご質問等ございましたら、下記お問い合わせフォームよりNAWABARIの専門スタッフへ直接お問合せできますお気軽にご相談ください。

NAWABARIお問い合わせフォーム

【解説】バーチャルオフィスの郵便物受け取り・転送サービス実態と注意点4選!

バーチャルオフィスには、様々なサービスが付帯されています。特に今回の「郵便受取・転送サービス」は、絶対にあった方が良いオプションの1つです。
しかし郵便物転送は、運営会社によって細かいルールがあるため、バーチャルオフィスをご検討中の方には、一番の悩みどころかもしれません。

それでは受け取れる郵便物の詳細、ルールについて解説していきたいと思います。

郵便物受け取り・転送とは?


バーチャルオフィスを契約する場合、レンタルの住所を会社住所として公に公開するため、
ご契約者さま宛のお荷物や差し戻しになったお荷物はレンタルの住所に送られることになります。

そこでお荷物を受け取り、ご契約者さまの手元へ転送をするサービスです。

郵便物受け取り・転送の確認するべき注意点


1、郵便物の転送頻度は?

A社:週1回まとめての発送   送料は別途

B社:週1回まとめての発送 普通郵便、メール便、書留等 100通までは無料、大きい荷物については有料

C社:月1回まとめての発送 転送料は基本料金内

というように、運営元によって様々です。

いま流行りの「せどり」等の日々多くのお荷物の受け取りや差し戻しが予想される業種では、
お客さまが受け取りそびれた荷物をもう一回送ってほしいとなった場合、月1回の発送では到底待ってはもらえずキャンセルになってしまいますよね。

他にも他社のサービスを利用する場合、住所宛てに郵便を発送して本人確認が実施されることがあります。
これも同様に月一発送ではすぐに契約ができず開業まで時間がかかってしまいます。

そうならないためにもご自身にあった転送回数のサービスが受けれるバーチャルオフィスを契約しましょう!


2、受け取りができない荷物について

それぞれバーチャルオフィスによって、受け取れるもの受け取れないものがあるため事前の確認が必要です。

例として弊社NAWABARIの場合、下記のルールとなっています。

・3辺の合計が170㎝を超えるサイズ、30kgを超える荷物

・本人確認書類が必要なもの

・代金引換郵便や着払い荷物の受取

・裁判所などからの法的、公的効力のある文書

・生き物、生物冷凍品

・その他、業務遂行に支障のあるもの


3、荷物の転送に送料以外の手数料がかかるか

基本料金が安いからといって契約をしてしまうと、送料だけではなくお荷物の発送に一通当たりで手数料がかかってしまう場合があります。
これではせっかく安いプランを契約したのに結果として、大きく費用が掛かってしまうということになります。


4、お荷物を直接受けとる事ができるか

バーチャルオフィスの場合、コスト削減の観点から、無人で営業をしているケースも多く、直接での荷物の受取を不可としている場合が多いようです。

それに対して、有人スタッフが常駐しているバーチャルオフィスの場合、直接の受取を可としているケースもあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最近よく耳にするバーチャルオフィスですが、自分に合った業者がどれだか悩んでしまいますよね。

弊社NAWABARIではレンタル住所や郵便物受け取り・転送等のネットショップ運営に必要なサービスを月額980円で契約することができます。
また業界で唯一BASEと業務提携を結んでおりPマークも取得しているため、個人情報保護にも安心てご契約いただけるかと思います。

何かご質問等ございましたら、下記お問い合わせフォームよりバーチャルオフィス NAWABARIの専門スタッフへ直接お問合せできますのでお気軽にご相談ください。

NAWABARIお問い合わせフォーム