バーチャルオフィス

北区でおすすめのバーチャルオフィスとは?レンタル&シェアオフィスとの違いも!

バーチャルオフィスとは、ビジネスで使える住所や電話番号をレンタルできる架空オフィスのことです。

東京都を中心に数が増えており、北区にもいくつかバーチャルオフィスがあります。

では、北区の住所を使いたい場合は、どのバーチャルオフィスを使うのが良いのでしょうか。

今回は、北区でおすすめのバーチャルオフィスや、レンタルオフィスとシェアオフィスとの違いなどについて解説します。

北区とは?特徴と住所が持つ印象

北区は東京23区の一つで、埼玉県の川口市と戸田市に隣接しています。

都内で最もJRの駅数が多いエリアとしても有名で、交通の利便性が良いと評判です。

バーチャルオフィスやレンタルオフィスなどを使う際、自宅からの通いやすさや外出のしやすさを重視する人も多いことでしょう。

交通アクセスを重要視するなら、北区を拠点にするのがおすすめです。

また、北区には印刷関連事業会社が多いのが特徴で、大手印刷会社の本社も北区内にあります。

そのため、特に印刷関連の業種であれば、北区の住所を利用するメリットは大きいといえるでしょう。

北区のバーチャルオフィス事情

北区には、いくつかバーチャルオフィスが存在します。

しかし他の地域と比べてバーチャルオフィスの数は少ないので、レンタルオフィスやシェアオフィスの利用も視野に入れておくと良いでしょう。

北区の中でも、赤羽駅周辺にレンタルオフィスやシェアオフィスなどが多い傾向にあります。

バーチャルオフィス・レンタル&シェアオフィスの違いとは?

ここからは、バーチャルオフィス・レンタル&シェアオフィスの違いについて解説します。

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは、実際にオフィスを借りるのではなく、ビジネスに使用する住所や電話番号をレンタルするサービスのことです。

レンタルオフィスやシェアオフィスとの違いは、仕事ができるスペースが存在しない点です。

バーチャルオフィスは法人登記可能なところが多いため、自宅をオフィス代わりにしている方に向いています。

また、最小限のコストで開業したい方や、都心一等地の住所を使いたい方に最適です。

ただ、バーチャルオフィスを利用すると金融機関から信用されにくく、法人口座の開設が難しいかもしれません。

法人口座を開設したい場合は、法人口座開設の実績が高いバーチャルオフィスや、口座開設をサポートしてくれるところを選ぶのが良いでしょう。

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスとは、壁などで仕切られたスペースをレンタルできるサービスのことです。

バーチャルオフィスとは異なり、自分が利用できるオフィススペースをレンタルできます。

ほとんどのレンタルオフィスでは、利用する住所で法人登記を行うことも可能です。

業務を行うオフィススペースに加えて、併設された会議室やクライアント対応が可能な受付サービスなど、ビジネスに必要なものが取り揃っているところが多い傾向にあります。

クライアントとの商談スペースや会議室が必要な方は、レンタルオフィスの利用が適しているでしょう。

シェアオフィスとは?

シェアオフィスとは、仕事ができる環境が整った場所のことです。

レンタルオフィスとの違いは、専用スペースがあるかどうかです。

レンタルオフィスは個人が使える専用スペースがありますが、シェアオフィスは共有スペースで業務を行います。

コストを最小限に抑えつつ、自宅とは別に作業スペースがほしい方におすすめです。

また、シェアオフィスは利用者間の交流が活発で、交流会やセミナーなどが開催されているところも少なくありません。

人と触れ合う機会があるので、色々な業種の人脈を広げたいと考えてる方にも適しています。

北区でおすすめのバーチャルオフィス!

ここからは、北区でおすすめのバーチャルオフィスを紹介します。

METSバーチャルオフィス赤羽苑

オフィス名METSバーチャルオフィス赤羽苑
住所東京都北区赤羽1~(正式な住所は契約後に教えてもらえます)
営業時間(休日)月13:00〜17:00、火〜金10:00〜17:00(12:00〜13:00は除く)
月額270円〜
URLhttps://vo-metsoffice.jp/plan/akabane/

自社ビル直営のバーチャルオフィスです。

赤羽苑を含む全ての拠点が自社所有のビルなので、余分なコスト負担がなく格安でサービスを利用できます。

住所レンタルだけなら、月額270円のライトプランが用意されています。

法人登記や郵便受取・転送、来客対応といったサービスを使いたい場合は、月額1,430円のビジネスプラスプランを選ぶのが良いでしょう。

加瀬のレンタルオフィス プラーズ滝野川

オフィス名加瀬のレンタルオフィス プラーズ滝野川
住所東京都北区滝野川7-21-2プラーズ滝野川
営業時間(休日)9時〜18時
月額2,200円〜
URLhttps://office.kasegroup.co.jp/virtual/

全国各地に約50拠点を展開しているバーチャルオフィスです。

法人登記と住所レンタルのサービスを格安で利用できます。

ただ、ポストが設置されていないため、郵便の受取や転送は不可で、電話転送サービスも提供されていません。

郵便転送サービスが提供されているのは、神田・東日暮里・菊名・プラーズ新川通・新横浜の拠点のみとなります。

北区でおすすめのレンタル&シェアオフィス

次に北区でおすすめのレンタル&シェアオフィスを紹介します。

IMB OFFICE 赤羽

オフィス名IMB OFFICE 赤羽
住所東京都北区赤羽1-11-4 アポー赤羽ビル5F
営業時間(休日)24時間営業
月額月々43,000円〜
URLhttp://www.imb.co.jp/akabane/index.html

JR赤羽駅から徒歩約3分の好立地にあるレンタルオフィスです。

最大の特徴は、セキュリティとプライバシー確保を徹底していること。

個別セキュリティ施錠付きの完全個室のオフィスで、安心して仕事ができる空間を確保できます。

レンタルオフィスのプランを契約すれば、もちろん会社の所在地として法人登記することが可能ですし、名刺やホームページなどに会社の住所として記載できます。

BIZcomfort東十条

オフィス名BIZcomfort東十条
住所東京都北区中十条3-35-1 桑沢ビル5F
営業時間(休日)9時〜18時
月額月々2,200円〜
URLhttps://bizcomfort.jp/tokyo/higashijujo.html

BIZcomfort東十条は、パーソナルスペースが確保できるコワーキングスペースです。

コワーキングスペースの基本料金プランに加えて、法人登記や郵便物(宅配物)の受取・転送サービスといったオプションを追加することが可能です。

追加料金はかかるものの、コワーキングスペースを利用しながら、バーチャルオフィスと同じようなサービスを利用できるようになります。

バーチャルオフィスが向いている人

個人情報を公開したくない方

自宅の住所をビジネスに利用してしまうと、情報の漏洩やトラブルに巻き込まれる可能性が出てきてしまいます。

そういったトラブルに巻き込まれたくない方は、バーチャルオフィスを活用するといいでしょう。

住所はもちろん専用の電話番号も取得できる会社もあるので、プライバシーはしっかり確保できます。

自宅での作業が多い方

家での作業が多い方は、バーチャルオフィスと相性がいいです。

名刺にもバーチャルオフィスの住所が記載できるので、仕事とプライベートを分けることもしやすくなるでしょう。

自宅で登記ができない方

自宅が賃貸物件の場合や親と同居している場合などでは、自宅で登記することができない可能性があります。

そういった状況にある方は、バーチャルオフィスを利用するのがおすすめです。

バーチャルオフィスの住所なら、事業者や会社の所在地として登記できます。

バーチャルオフィスを選ぶ際のポイント!

バーチャルオフィスを選ぶ際には、気を付けなければならないポイントがいくつかあります。

ここではそのポイントについて解説していきます。

料金設定や必要なサービスはそろっているか

まず一番に確認すべきポイントは、料金設定についてです。

バーチャルオフィスにかかる費用は月額費用だけではありません。

業者によりますが月額費用を安く見せて、入会金・保証金・テナント総合保険を要求してくるところもあります。

合計した料金が、自分の目的と一致しているかは考えておくべきポイントでしょう。

サービス内容は必要なものが揃っているか 自分が必要としているものが、サービス内容にしっかり含まれているか確認しておきましょう。

プランによっては住所の貸し出しのみの場合もあるので、注意が必要です。

登記ができるかどうか

郵便は受け取れたり住所をHPに記載は出来るが、「実は登記が出来ない」というバーチャルオフィスも多くあります。

都心の一等地で住所を借りても、登記ができなければ法人として事業ができないので、契約の際にはしっかり確認をしましょう。

バーチャルオフィスを契約するメリット

バーチャルオフィスのメリットは、なんといってもサービス対費用が安価であることです。

社会的に信頼性のある都心一等地の住所を利用でき、セキュリティ面も安全で、法人登記までできて、月額1,000~10,000円程度で利用できます。

 実際にオフィスを契約する場合と比較すると、コストを1/10以下にすることも可能でしょう 。

また、都内の一等地の住所にオフィスを構えるには料金以外にも時間がかなりかかりますが、バーチャルオフィスは手続きも簡単な為、思い立ったら即日行動出来るのも魅力ですね。

北区以外でバーチャルオフィスを選ぶならNAWABARIがおすすめ!

東京で安くて良質なバーチャルオフィスを選ぶなら、NAWABARIがおすすめです。

レンタル住所東京都目黒区
初期費用0円 月額料金 1,078円/月(税込、年払いの場合)〜
サービス内容住所貸し、法人登記、電話代行&転送、郵便物受取&転送
運営株式会社Lucci
URLhttps://nawabari.net/

NAWABARIは、EC事業者とインフルエンサーに特に選ばれているサービスです。

 BASEや17LIVEをはじめとした多くのプラットフォームへサービスを提供しており、業界唯一のPマーク取得企業です。

管理画面にて届いた郵便物を写真で確認することができるため、テレワークで事務所が不要となった企業にも人気です。

 最近ではインフルエンサーの方のお申込みが増加しており、セキュリティ強化のため、金属探知機を利用したGPSストーカー被害の防磁にも取り組んでおります。

 法人登記可能な住所の貸し出し、銀行口座開設紹介なども付いて月額980円からという業界最安値水準の価格も強みです。

バーチャルオフィスを活用して起業をしよう

北区はバーチャルオフィスの数が多いエリアではないため、レンタルオフィスやシェアオフィスなどの利用も検討する必要があります。

北区以外の住所でも問題ないなら、NAWABARI(https://nawabari.net)もおすすめです。

業界最安値水準の価格で、住所レンタルや郵便物受取・転送といったバーチャルオフィスの基本サービスを利用できます。

バーチャルオフィスを上手く活用して、起業してみませんか。

RELATED POST