バーチャルオフィス

【格安&安心】北海道でおすすめのバーチャルオフィス8選!北海道で起業するメリットとは?

実際のオフィスを構えなくても、ビジネス用の住所をレンタルできるバーチャルオフィスが注目を集めています。

バーチャルオフィスなら、北海道の人気エリアの住所を利用することが可能です。

ここでは、北海道でおすすめのバーチャルオフィスや北海道で起業するメリットなどについて紹介します。

北海道でバーチャルオフィスを探している方は、ぜひ参考にしてください。

北海道でおすすめのバーチャルオフィス8選

まずは北海道でおすすめのバーチャルオフィスを紹介します。

ワンストップビジネスセンター

オフィス名ワンストップビジネスセンター
住所北海道札幌市北区北7条西4丁目1番1号 トーカン札幌第一キャステール内(札幌店)
営業時間平日10:00〜17:00(年末年始を除く)
料金エコノミープラン月額5,280円、ビジネスプラン月額9,790円、プレミアムプラン月額16,280円
URLhttps://www.1sbc.com/branch/sapporo-ekimae/

全国41拠点に店舗を保有する大手バーチャルオフィス運営会社です。

起業や副業に必要なサービスがパッケージとして提供されています。

全国各地にある拠点の会議室をレンタルできるのも魅力。

バーチャルオフィス契約店舗以外でも大丈夫なので、東京の会議室を利用することも可能です。

リージャス

オフィス名リージャス
住所北海道札幌市中央区北4条西4丁目1-16 MMS札幌駅前ビル
1〜3F(リージャス札幌駅前通ビジネスセンター)
営業時間8:30〜18:00
料金月額19,700円〜
URLhttps://www.regus-office.jp/area-serch/sapporo-area/sapporo-ekimae/

日本国内外に拠点を持つ大手バーチャルオフィス運営会社です。

バーチャルオフィスだけでなく、レンタルオフィスや会議室、コワーキングスペースなどを割引価格で利用することも可能です。

仕事関係者との打ち合わせ場所が必要なときも安心です。

COVOバーチャルオフィス

オフィス名COVOバーチャルオフィス
住所北海道札幌市中央区南1条西7丁目12-2  大通公園ウエストビル 3F
営業時間平日10:00〜17:00(土日・祝日を除く)
料金月額3,300円(年契約で39,600円)
URLhttp://covo-vo.com/

札幌のシンボルである大通公園近くの住所を利用できるバーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスのプランを利用すると、郵便物の代行受け取りもお願いできます。

また有料オプションとして、1時間1,100円で会議室を借りることも可能です。

リオネ

オフィス名リオネ
住所北海道札幌市中央区(住所の詳細は契約者のみにお知らせ)
営業時間平日10:00〜18:00
料金月額3,300円
URLhttps://lione-inc.com/office-sapporo/

ITスクール運営会社が提供するバーチャルオフィスです。

北海道・札幌のビジネスエリアである円山エリアのバーチャルオフィスを月額3,000円から利用することが可能です。

ITスクールが運営していることもあり、ホームページや名刺、会社パンフレットなどの作成をサポートしてくれます。

SPESCO

オフィス名SPESCO
住所北海道札幌市中央区、北海道札幌市北区(住所の詳細は契約者のみにお知らせ)
営業時間平日9:00〜18:00(土日・祝日を除く)
料金ベーシック月額4,950円、レギュラー月額7,150円、アドバンス月額9,350円
URLhttps://spesco.jp/

札幌市の好立地にスペースを構えるバーチャルオフィスです。

オプションサービスが充実しているのが特徴です。

専用ポストの設置や電話代行秘書、会社登記・設立サポートといったオプションがあり、必要に応じてさまざまなサービスを利用できます。

バーチャルオフィス札幌

オフィス名バーチャルオフィス札幌
住所北海道札幌市北区(住所の詳細は契約者のみにお知らせ)
営業時間9:00〜17:00
料金シンプルプラン月額1,980円、ライトプラン月額4,180円
スタンダードプラン月額7,480円
URLhttps://virtualoffice-sapporo.com/

札幌の老舗不動産が運営するバーチャルオフィスです。

住所レンタルや電話・郵便物転送はもちろんのこと、ホームページ制作や荷物預かり、書類保管といったサービスも用意されています。

事業が軌道にのりオフィスを選ぶ際は、不動産部門のスタッフに相談することも可能です。

SKY OFFICE SAKURA-N11

オフィス名SKY OFFICE SAKURA-N11
住所北海道札幌市東区北11条東1丁目1-40
営業時間24時間
料金月額20,000円〜
URLhttps://sky-office.jp/space/sakura-n11/

札幌で13拠点のレンタルオフィス・バーチャルオフィスを展開している運営会社です。

サービス内容が充実しているのが特徴です。

レンタルオフィスや会議室の利用に加えて、電話代行サービスや無料ホームページ制作、会社設立サポートといった幅広いサービスが用意されています。

グリーントラストサポート

オフィス名グリーントラストサポート
住所北海道札幌市(住所の詳細は契約者のみにお知らせ)
営業時間平日10:00〜16:00
料金月額500円
URLhttp://gts.realwork.jp/

格安で住所をレンタルできるバーチャルオフィスです。

サービス内容がシンプルな分、格安で利用できるのが魅力。住所のみレンタルしたいと考えている方におすすめです。

住所レンタルの他には、郵便物・荷物の受け取りにも対応してくれます。

ただし、郵便物・荷物の保管は最長30日間で、転送は有料となります。

北海道で起業するメリット

北海道で起業するメリットは何なのでしょうか。

北海道は起業支援が豊富

北海道で起業するメリットは起業支援が豊富なことです。

地域経済の活性化を目的として、北海道で新たに起業する人に対して一部経費を補助する取り組みが実施されています。

また起業支援を行っているいくつかの団体・企業では、起業に関するセミナーやイベントなどが実施されており、いつでも起業について相談できる環境が整っています。

ライバルが少ない

北海道の人は全体的にのんびりと生活しており、東京のように朝早くから夜遅くまで仕事をしている人はあまり見かけません。

仕事にストイックな人ほど、東京や大阪などに出ていってしまいます。

そのため、北海道にはライバルが少なく、激戦区と比べて仕事がしやすいと感じるでしょう。

東京に比べて家賃が安い

北海道は東京と比べて、オフィスも住居も家賃が安いのもメリットです。

札幌市中央区など人気エリアは値上がり傾向にありますが、それでも東京と比べると家賃は安いので安心です。

北海道の住所のみを無料で貸し出すバーチャルオフィスはある?

結論からいうと、北海道の住所のみを無料で貸し出しているバーチャルオフィスはありません

住所を借りるだけだといっても、その場所を確保するコストがかかります。

また電話受付や郵便物の受け取りなどのサービスを提供するバーチャルオフィスも少なくありません。

ビジネスに必要なサービスを提供しようと思うと、それなりに運営コストがかかるため、無料でバーチャルオフィスを提供するのは難しいのです。

バーチャルオフィスの費用をなるべく抑えたいなら、格安バーチャルオフィスを利用することをおすすめします。

バーチャルオフィス選びのポイント

次にバーチャルオフィスを選ぶポイントを紹介します。

サービスと費用のバランス

バーチャルオフィス選びのポイントの一つは、サービスと費用のバランスをチェックすることです。

初期費用や基本プランの月額料金といった費用だけでバーチャルオフィスを決めないようにしましょう。

いくら格安のバーチャルオフィスでも、利用したいサービスが有料オプションなら費用が高額になるかもしれません

自分が利用したいサービスのトータルコストを計算し、毎月かかる費用を確認しましょう。

住所の信頼度

ビジネスで使用する住所は、会社のイメージに繋がります。

住所の信頼度が高ければ高いほど、顧客からいい印象を持ってもらえます。

バーチャルオフィスを契約する前に、レンタル予定の住所がどこなのか確認しておきましょう。

受付の対応力

電話対応や会議室などを利用する場合は、受付の対応力を確認することも大切です。

来客時に失礼な対応をされると、ビジネスに悪影響となります。

受付の質は、事前に自分の目で確認すると良いでしょう。

また受付の対応が良ければ、何か困ったことがあったときに親身になって対応してくれるので安心です。

バーチャルオフィスの運営状況

バーチャルオフィスを選ぶときは、運営状況を確認することもおすすめします。

バーチャルオフィスが突然閉鎖してしまうというケースは少なくありません。

ビジネスの住所が変わる場合、法人登記やホームページ、名刺、パンフレットなどに記載されている住所を全て変更しなければいけません。

バーチャルオフィスの運営会社の経営状況を確認し、長く利用できそうな会社を選びましょう。

北海道のバーチャルオフィスで事業を始めよう

北海道で事業を始めるなら、オフィスを借りるのではなくバーチャルオフィスを利用してみてはいかがでしょうか。

オフィスを構えるよりコストを抑えられますし、ビジネスに必要なさまざまなサービスが提供されているので便利です。

もし東京のバーチャルオフィスにも興味があるなら、NAWABARIというサービスもおすすめです。

NAWABARI

実際の住所が北海道だったとしても、NAWABARIなら東京の一等地にある信用性の高い住所をビジネスに使うことが可能です。