起業

女性が起業するにはどうすればいい?成功例とおすすめの内容

女性の社会進出が進んでいるとはいえ、女性が自分で起業する際には男性ほど前例が多くありませんし、不安が付きまとうものです。

しかし、実際に多くの女性起業家が成功を収めていますし、リスクを抑えて起業する方法もあります。

こちらでは、女性起業家の成功事例や起業する女性の特徴、おすすめの事業、成功させるためのポイントなどについて見ていきます。

女性起業家の成功例

実際に女性起業家が成功したケースを見ていきましょう。

株式会社キッズライン

株式会社キッズラインは、利用者とベビーシッターや家事代行などのサポーターをスマホアプリでつなぐマッチングサービスを提供している会社です。

代表者の経沢香保子さんはリクルート社での勤務を経てマーケティング会社を立ち上げた後、働く女性にとって需要の高いサービスを手軽に利用できる現在の会社を設立しています。

様々な業種で培った経験と、女性らしい視点を活かした事業内容が成功した事例と言えるでしょう。

Wantedly株式会社

Wantedly株式会社は、就職活動をより手軽に行えるように、企業と個人がマッチングしやすいSNSサービスを提供する会社です。

創業者の仲暁子さんは高校時代にニュージーランドへ留学した後に京都大学に進学し、ホームページ制作や新規事業の立ち上げなどに挑戦しています。

卒業後は証券会社やFacebookjapanでの勤務経験を経て独立しました。

学生時代や社会人になってから手に入れたスキルや知識を活かし、ニーズの高いサービスを提供できたことが成功の要因と言えます。

4MEEE株式会社

4MEEE株式会社は、20~30代の女性をターゲットとして様々な情報を配信する会社です。

COOの坂梨亜里咲さんは学生時代に読者モデルや歌手などの経験を経て、大手ファッション通販のサイトなどのマーケティングやECオペレーションを担った経験を持っています。

その後4MEEEに参画、短期間で売り上げを大きく伸ばしています。

オンライン配信やSNSを活用することでコストを抑えつつ、これまでの経験から多くの女性ユーザーを惹きつけるコンテンツを生み出している点が成功のポイントと言えるでしょう。

起業する女性の特徴とは

起業する女性には、いくつか共通する特徴があります。

以下で具体的な特徴を見ていきましょう。

依存心が低い

起業家というのは事業に対して責任を持たなければなりません。

そのため、物事を決断するときや問題が発生した時、他人に任せたり責任を押し付けたりせず、自分の責任において冷静に対処できる能力が必要です。

また、冷静に対処するために常に自分の能力を磨き、失敗すら糧にする気概を持つ女性起業家が多く見られます。

金銭の管理が得意

起業家は手元にある資金だけを見るのではなく、初期投資から運営資金、売上や経費まで様々な金銭管理をしなければなりません。

そのため、事業と個人のお金はしっかり分けて入出金の流れを把握し、帳簿の記録や管理まできちんと行える女性起業家が多いです。

物事の判断が早い

事業を成功させるには、スピーディーな判断が欠かせません。

実際、女性起業家の多くが判断スピードの必要性を理解しており、常に情報収集をしながらタイミングを見計らい、迅速な判断を行っています。

女性の起業におすすめの業種・内容

女性が起業するなら、どのような事業が向いているでしょうか。

以下で、おすすめの内容を見ていきましょう。

サロン系

ネイルサロンやエステサロンは女性の利用者が多く、きめ細やかな対応と丁寧な施術を得意とする女性に向いている仕事です。

自宅をサロンにすれば、初期コストを抑えることもできるでしょう。

家事・育児関係

家事や育児の大半を負担する女性にとって、これらのサポートを得られるサービスは人気が高いです。

家事代行の派遣やマッチングサービス、育児に関する情報発信やサポートなど、アイデアとサービス内容で継続的な利益が見込めるでしょう。

ハンドメイド系

手先の器用な人が多い女性には、ハンドメイド関連のビジネスも向いています。

実店舗を持たずに自分の作品をオンラインショップで販売したり、受注制作したりすれば、コストを抑えながら趣味と実益を兼ねることが出来るでしょう。

自宅教室系

自宅で料理教室や英会話教室、塾などを開くのもおすすめです。

小ぢんまりとした教室ならば広いスペースや多くの設備は必要ありませんし、空き時間を授業にあてることで家庭との両立もしやすくなります。

カフェ系

カフェ系はメニューの品数が少なくて済みますし、女性の利用者が多いので女性起業家に向いています。

また、評価が高ければリピーターや新規顧客がつきやすい点も挑戦し甲斐があるといえるでしょう。

女性が起業するメリット・デメリット

女性が起業する際、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

以下では、女性起業家だからこそ生じるメリットやデメリットをご紹介します。

メリットの内容

女性の社会進出により、女性をターゲットにした商品やサービスのニーズが高まっています。

女性が起業した場合、同性がどのようなサービスを望んでいるのか理解しやすく、女性ならではの視点から企画や開発を進めることが容易です。

また、女性起業家に限定したイベントや交流会などがあり、異業種の女性起業家と知り合う機会が得られます。

女性起業家は人数が少なく、家庭との両立や起業における苦労など、理解し合える話題も多いです。

仲を深めておけば、経営についての相談や人脈作りがしやすくなるでしょう。

デメリットの内容

女性は起業家になっても、家事や育児から完全に離れることが困難です。

特に子育て中は母親の負担が大きく、起業の準備や情報収集、経営だけに集中することが難しいでしょう。

起業すれば会社員のように、産休や育児休暇などの公式なサポートは得られません。

家族に協力してもらったり、仕事と家庭を両立するための計画を立てたりして、無理なく起業できるようにしておきましょう。

女性が起業を成功させるポイント

女性が男性起業家に交じって起業を成功させるためには、いくつかポイントを押さえておく必要があります。

以下で、女性が起業する上で知っておきたい成功ポイントを見ていきましょう。

「女性ならでは」の事業を選ぶ

女性らしい視点やアイデア、細やかさが活かせる事業は、男性起業家にとっては逆に進出しづらい分野です。

そのため、競争相手が少なくなりますし、女性からの共感を得やすくやりがいを感じられるでしょう。

情報収集を怠らない

アイデアが優れていても、実際のニーズやマーケティングの方法、顧客からの評価などの情報が不足していては、事業を成功させることが困難です。

常に最新の情報を収集し、事業に活かせるようにしましょう。

ランニングコストを減らす

起業して間がない時は、資金繰りに苦労してせっかくの企画や情報を十分に活用できないこともあります。

極力ランニングコストを減らし、事業が円滑に回るように心がけましょう。

例えば、オンラインショップやマッチングサイト、情報発信サイトなどを運営する場合には、高額な家賃を払って店舗や事務所を構える必要がありません。

しかし、事業をする上で会社の所在地は必要になりますので、バーチャルオフィスの利用がおすすめです。

NAWABARIは月額980円~で東京都目黒区の住所を借りることができるため、コストを抑えながら自社のブランド価値を高めることが可能です。

借りている住所に届いた郵便物は受取や転送をしてもらえますし、電話の転送や代行などのオプションをつけることもできます。

自宅の住所を公開せず、信頼性の高い住所を所在地として登記できる上、格安で利用できますので、女性の起業にぴったりのサービスと言えるでしょう。

女性でも起業を成功させよう!

このように、日本では難易度が高そうに思える女性の起業も、コストを抑えて情報収集を行いながら女性らしい着眼点や気遣いを活かすことで、成功率を高めることが可能です。

バーチャルオフィスのサービスなどを活用して初期投資を抑えれば、起業のリスクもある程度抑えられるでしょう。

迷っている場合は小規模な事業から挑戦してはいかがでしょうか。

女性の起業に関するよくある質問

なぜ女性起業家が少ないの?

女性の場合、家庭との兼ね合いを考えると起業するタイミングが難しくなりがちです。
また、ビジネスに関する経験や知識、資金などの準備が不十分になりやすく、起業に踏み切りづらいという背景があります。
バーチャルオフィスなどを活用してコストを抑えながら、利用できる補助金や助成金を探してみましょう。

女性起業の目的は?

女性は家庭の事情で仕事を制限されることが多く、自分の裁量で自由に働きたいという目的から起業を決めるケースが多いです。
また、女性ならではの目線から始めたビジネスはそれほど多くないので、女性にとって仕事や家事、育児をしやすいサービスを提供したいと考える起業家も少なくありません。