EC

住所非公開でネットショップ運営時の注意点3つ!郵送元も隠す方法は?

住所非公開でネットショップ運営時の注意点3つ!郵送元も隠す方法は?

ネットショップを運営する場合は、特定商取引法により、事業者の住所や氏名を公開することが必須なため、自宅をオフィスにしている方々にとっては、自宅の住所公開は頭の痛い問題でした。

一方で、ネットショップ大手の「BASE」では、2022年1月から事業者の住所や氏名を非公開にして運営ができるように。

ただし、ネットショップの運営方法によっては、住所を完全に非公開はできない場合もあるため、注意が必要です。

今回は、住所非公開でネットショップの運営を考えるときに注意しておくべきポイントについてご紹介します。

住所非公開でネットショップは運営できる?

住所非公開でネットショップは運営できる?

そもそも、ネットショップは住所非公開で運営することはできるのでしょうか。

特に自宅をオフィスにされている方は、自宅住所を公開することに抵抗感がある方も少なくないと思います。

ですが、ネットショップを運営する場合は、特定商取引法により、事業者の住所や氏名を公開することが必須。

1.広告の表示(法第11条)
通信販売は、隔地者間の取引なので、消費者にとって広告は唯一の情報です。そのため、広告の記載が不十分であったり、不明確だったりすると、後日トラブルを生ずることになります。そのため特定商取引法は、広告に表示する事項を次のように定めています。

(中略)
5.事業者の氏名(名称)、住所、電話番号

特定商取引法ガイド

それでも、自宅の住所非公開でネットショップを運営できるのか、という問題ですが、結論から言うと可能です。

自宅住所非公開でネットショップ運営する方法
  1. 契約したレンタルオフィスやバーチャルオフィスの住所を公開する
  2. BASEなど住所非公開設定ができるプラットフォームでネットショップを運営する

それぞれ詳しくご説明します。

①レンタル契約した住所を公開

住所非公開でネットショップは運営できる?

レンタルオフィスやコワーキングスペース、バーチャルオフィスなどは、住所利用できる権利を契約できるところがあります。

こういったサービスを使えば、ネットショップで表示するべき住所にバーチャルオフィスの住所などを利用できるようになります。

「実際に実務的な作業をするオフィスは自宅で、ただプライバシーの関係上、会社の住所はバーチャルオフィスで…」

という選択肢を取られる起業家も少なくありません。

②住所非公開設定できるプラットフォームを使う

②住所非公開設定できるプラットフォームを使う

ネットショップ大手の「BASE」では、2022年1月から事業者の住所や氏名を非公開にして運営ができるようになりました。

ネットショップBASEの住所非公開設定
BASEの住所非公開を設定した場合の連絡先表記

BASEがこうした方針変更をした理由としては、消費者庁の見解発表があります。

クリエイターエコノミー協会(以下、本協会)は、消費者庁、経済産業省や議員のみなさんと協議を重ねた結果、プラットフォームが一定の条件を満たせば、その利用者は「特定商取引法に基づく表記」においてプラットフォームの住所や電話番号を記載する運用で問題がないとする見解を消費者庁から受けましたので、ご報告いたします。

クリエイターエコノミー協会

消費者庁の見解によると、簡単に言えば

個人事業主の現住所や電話番号を把握しており、トラブル等が発生した際、消費者が確実に販売者へ連絡を取ることができるプラットフォームであれば、住所非公開OK

とのこと。

今後は、その他のネットショップ専用プラットフォームでも住所非公開設定ができるようになる可能性があります。

特に自宅をオフィスとしている事業主の方々からは、歓迎の声があがっています。

ただし、ネットショップの運営方法によっては、住所を完全には非公開にすることはできません。

住所非公開でネットショップを運営する時の注意点についても確認していきましょう。

住所非公開でネットショップを運営する時の注意点

住所非公開でネットショップを運営する時の注意点

バーチャルオフィスの住所や、BASEの住所非公開設定を利用していても、自宅の住所を公開しなければならないこともあります。

プラットフォームの住所非公開設定の場合の注意点

まずは、BASEなどプラットフォームの住所非公開設定を利用してネットショップを運営する時の注意点です。

ショップ運営者の情報は住所非公開にすることができますが、以下のような場合は住所を公開することになります。

  • 商品の発送時は自宅の住所を公開
  • 返品受付時も自宅の住所を公開

1.商品の発送時は自宅の住所を公開

住所非公開でネットショップを運営する時の注意点

BASEの住所非公開設定を利用していても、商品の売買が成立し、商品をお客様に発送するときには発送元となるご自身の住所を記載する必要があります。

商品の郵送などの手続きはあくまでご自身で行わないといけないからです。

発送元には、事業者の所在地や連絡先に記載の「ショップの住所」や「ショップの電話番号」を使用していただく必要があります(BASE株式会社の情報はご利用いただけません)。

BASEU

バーチャルオフィスの住所を借りることを考えている方も、商品の転送サービスがないバーチャルオフィスを選んでしまった場合は、同様に自宅から商品を送ることに。

こうなると、届いた相手先にはご自身の住所が公開されてしまうことになります。

2.返品受付時も自宅住所を公開

住所非公開でネットショップを運営する時の注意点

また商品を発送すると、万が一返品が発生した時の返品先の住所や連絡先を記載しなければなりません。

商品の返品時などに、購入者様から求められた場合においては、これまでどおり「事業者の所在地」「事業者の連絡先」を開示する必要がございます。

BASEU

この時にも、自宅がオフィスの場合は自宅住所の公開につながります。

住所利用サービスの場合の注意点

住所利用サービスの場合の注意点

レンタルオフィスやバーチャルオフィスの住所利用サービスを使う場合は、

ネットショップ運用にも使える商品の転送サービスがある住所利用サービスを選ぶ

ことが重要です。

もし、商品の転送サービスがないサービス選んでしまうと、同様に自宅住所を記載する必要が出てきます。

住所利用サービスを使う場合は、商品の転送サービスがあることを確認して契約しましょう。

返品先の住所公開には、仮の住所を使って悪質な商品を送りつけるといった、悪徳商法を防ぐ目的がありますので、ショップの信頼性を担保するために必要なことです。

ですが、自宅住所を公開するということはそれなりのリスクと付き合っていくことになってしまいます。

ネットショップで自宅住所を公開時に想定されるトラブルは⁉

ネットショップで自宅住所を公開時に想定されるトラブルは⁉

ネットショップで自宅住所を公開することは、本当にリスクがあることなのでしょうか。

ネットショップで自宅住所を非公開にしなかった場合に想定されるトラブルをご紹介します。

自宅住所公開によるトラブル例
  1. クレームの対応などが直接自宅にきてしまう。
  2. ネットショップの運営が家族にバレる。
  3. ストーカー被害に遭ってしまう可能性も…。

それぞれ詳しくご説明します。

1.クレームの対応などが直接自宅にきてしまう。

ネットショップで自宅住所を非公開にしなかった場合、発送した商品へのクレームなどが自宅に直接届くことがあります。

ネットショップですので、多くはメールなどのネット環境下でのやりとりですが、時には自宅住所まで乗り込んでこられたケースも実在します。

ご家族のいらっしゃる方には、ご家族を危険にさらすリスクもありますから、やはり自宅住所の公開はお勧めしません。

2.ネットショップの運営が家族にバレる

ネットショップで自宅住所を非公開にしなかった場合、ネットショップの運営などを家族に知られてしまってトラブルになるといったケースもあります。

家族の了解を得ずに個人でスタートしてしまった場合など、突然のトラブルに家族が巻き込まれてしまうこともあります。

とくに自宅が夫や妻、ご両親の持ち物であった場合は要注意です。

3.ストーカー被害に遭う可能性も…

ネットショップで自宅住所を非公開にしなかった場合、ご自身が住んでいる自宅が相手にわかってしまいます。

近年SNSなどを利用して身元を特定し、残念ながらストーカー被害にあうケースもあります。

ネットショップの運営などでも、アーティストやアイドル活動をされている方など、ご自身のアイテムを販売している方などは特に注意が必要です。

ネットショップの郵送元の住所も非公開にする方法は?

ネットショップの郵送元の住所も非公開にする方法は?

ネットショップの運営でも、自宅住所を完全に非公開にすることはできるのでしょうか。

結論から言うと、以下の方法を使えばネットショップの郵送元の住所も非公開にすることができます。

発送元住所も非公開にする方法

商品発着可能な住所利用サービスを使う

商品発着が可能な住所利用サービスについて、詳しくご説明します。

商品発着用の住所を借りる

バーチャルオフィスNAWABARI

自宅以外に、商品発着を請け負ってくれるオフィスを借りておけば、そのオフィスがお客様との窓口になりますので、自宅住所が公開されることはありません。

一般的に、商品の発着も考えると、荷物や書類を受け取ってくれるレンタルオフィスやシェアオフィスを考える方が多いでしょう。

ですが、レンタルオフィスやシェアオフィスは、ほとんどのオフィスが月額費用1万円〜3万円と高額です。

一方で、当NAWABARIは、バーチャルオフィスのためレンタルオフィスより費用が抑えられる上、商品の発着も可能です。

バーチャルオフィスNAWABARI
  • お貸しする住所を発送元として、ECサイトでの購入者へ商品を発送することが可能
  • お貸しする住所を返品先に指定し、荷物を受け取ることが可能
  • 費用は月額980円から利用可能
  • お荷物の転送サービスは、ほぼ実費(配送料)のみで利用可能
  • オプションのご契約で登記も可能

さらに、他社のバーチャルオフィスでは、お荷物の転送サービス自体に大きく手数料がかかるところが多いですが、当NAWABARIではほぼ配送料の実費のみでご利用可能です。

月額980円であれば、ご自身やご家族の安全を守るための費用としては、決して高くないのではないでしょうか。

まとめ

以上、住所非公開でネットショップの運営を考えるときに注意しておくべきポイントについてご紹介しました。

現在、BASEなど住所非公開でネットショップを運営することができるようになっていますが、商品の発送が必要な場合は、自宅住所も完全に非公開することはできません。

当バーチャルオフィスNAWABARIは、リーズナブルな費用で商品の転送サービスを利用しながら自宅住所を完全非公開で運営する事が可能です。

ぜひ当サービスを利用しながら、安全に快適にネットショップをご運営ください。

バーチャルオフィスについて、気になる点やサービスの詳細等ご質問がございましたら以下お問合せフォームよりお気軽にお問合せください。