おすすめ

恵比寿のバーチャルオフィス7選!格安おすすめを紹介!

交通の利便性が高く、オフィス街としても人気がある恵比寿。

恵比寿でオフィスを構えようと思うとお金がかかりますが、バーチャルオフィスなら初期費用を安く抑えられるのでおすすめです。

ここでは、恵比寿でおすすめのバーチャルオフィスを紹介します。

東京でバーチャルオフィスを探している人は、ぜひ参考にしてください。

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは事務所を構えることなく、オフィスの住所や電話番号などをレンタルできるサービスのことです。

バーチャルオフィスという言葉通り、架空の事務所を持つことになります。

架空の事務所とはいえ、法人登記ができたり、架空の事務所で郵便物を受け取ったりといった様々なサービスが提供されています。

また、多くのバーチャルオフィスでは住所レンタルだけでなく、会議室やワーキングスペースをレンタルできるところも少なくありません。

恵比寿でおすすめのバーチャルオフィス7選

ここからは、恵比寿でおすすめのバーチャルオフィスを紹介します。

THE HUB SOLO 恵比寿

バーチャルオフィス名THE HUB SOLO 恵比寿
住所東京都渋谷区恵比寿1丁目8-18 K-1ビル3F
営業時間(休日)バーチャルオフィス平日10:00〜18:00
月額月額4,950円〜
特徴恵比寿駅から徒歩約1分という好立地にある多機能ワーキングスペースです。
住所の貸し出しに加えて、コワーキングスペースや会議室をレンタルすることが可能です。
高速インターネットやフリードリンクなど、仕事中に必要なものは一通り完備されています。
URLhttps://thehub.nex.works/office/solo-ebisu/

リージャス代官山ビジネスセンター

バーチャルオフィス名リージャス代官山ビジネスセンター
住所東京都渋谷区恵比寿西2丁目19-9 フランセスビル 1F・2F
営業時間(休日)24時間利用可能
月額月額料金は要問合せ
特徴代官山駅から徒歩約3分、恵比寿駅日口から徒歩約9分の位置にあるバーチャルオフィス&レンタルオフィスです。
都心部へのアクセスが便利なので、バーチャルオフィスだけでなく自宅でビジネスする人のレンタルオフィスや経営者のセカンドオフィスとしても活用されています。
レンタルオフィスを契約する場合、会議室やビジネスラウンジのような休憩スペースなども利用できます。
URLhttps://www.regus-office.jp/area-serch/tokyo-area-serch/daikanyama/?utm_source=rentalofficesearch&utm_medium=portal&utm_campaign=Office_Promotion

リージャス恵比寿

バーチャルオフィス名リージャス恵比寿
住所東京都渋谷区恵比寿南1丁目1-1 ヒューマックス恵比寿ビル 6F・7F・8F
営業時間(休日)ビジネスラウンジ8:30〜18:00
月額月額料金は要問合せ
特徴恵比寿駅の西口駅前ロータリーの正面にあるバーチャルオフィス&レンタルオフィスです。
住所貸し出しはもちろんのこと、郵便物転送や電話転送、各種事務代行サービスなどを利用することができます。
リージャスはバーチャルオフィスに加えて、レンタルオフィスやコワーキングのサービスなども展開しているので、ビジネスの状況によって使い方を変えられるのも魅力です。
URLhttps://www.regus-office.jp/area-serch/tokyo-area-serch/ebisu/

ベンチャーシティ恵比寿

バーチャルオフィス名ベンチャーシティ恵比寿
住所東京都渋谷区恵比寿2丁目28-7
営業時間(休日)平日10:00〜17:00
月額月額5,300円
特徴バーチャルオフィスのプランを契約すると、月額料金内で住所レンタル、郵便物転送、郵便物お知らせサービス、受付対応といったサービスを利用できます。
また、オプションとして、固定電話番号の利用や会議室、郵便物当社留めといったサービスを受けることも可能です。
URLhttps://vc-ebisu.com/virtual-office/

ワンストップビジネスセンター恵比寿

バーチャルオフィス名ワンストップビジネスセンター恵比寿
住所東京都渋谷区恵比寿1丁目15-9 シルク恵比寿ビル内
営業時間(休日)電話受付は平日10:00〜17:00、会議室利用時間は月〜土9:00〜22:00
月額エコノミー月額5,280円、ビジネス月額9,790円、プレミアム月額16,280円
特徴全国25拠点以上のバーチャルオフィスを展開する大手運営企業の恵比寿オフィスです。
ビジネス拠点として人気の高い「渋谷区恵比寿」の住所を利用できます。
会員になるとバーチャルオフィスだけでなく、全国の拠点にある会議室を格安で使うことが可能です。
URLhttps://www.1sbc.com/branch/ebisu/

コンパスオフィス恵比寿グリーングラス

バーチャルオフィス名コンパスオフィス恵比寿グリーングラス
住所東京都渋谷区恵比寿南3丁目1-1 いちご恵比寿グリーングラス6F-9F 
営業時間(休日)平日9:00〜18:00(24時間365日利用可能な契約もあり)
月額月額料金は要問合せ
特徴2020年8月にオープンしたバーチャルオフィスです。
レンタルオフィスとして利用することも可能で、30名以上が利用できる大型オフィスやバルコニー付きフリーラウンジ、バイリンガル総合受付といった幅広いサービスを受けられます。
URLhttps://www.compassoffices.com/ja-jp/locations/tokyo/ebisu-green-glass/

サーブコープ恵比寿ガーデンプレイスタワー

バーチャルオフィス名サーブコープ恵比寿ガーデンプレイスタワー
住所東京都渋谷区恵比寿4丁目20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー18階
営業時間(休日)24時間利用可能
月額貸し住所パッケージ月額17,600円、バーチャルオフィスパッケージ月額31,200円、電話秘書代行パッケージ月額17,600円、コワーキングスペース月額40,000円、プレミアムバーチャルオフィス月額52,000円
特徴住所貸しや秘書サポート、電話応対、荷物転送といった幅広いサービスが提供されているバーチャルオフィスです。
バーチャルオフィスを契約すると、コワーキングスペースを1日3時間まで無料で利用することも可能です。
1ヶ月無料で利用できるので、初めてバーチャルオフィスを契約する方はお試しで使ってみるのもおすすめです。
URLhttps://www.servcorp.co.jp/ja/virtual-offices/locations/tokyo/yebisu-garden-place-tower/

バーチャルオフィスの利用がおすすめな人

バーチャルオフィスは、どのような人が利用するのがおすすめなのでしょうか。

フリーランス・個人事業主

フリーランスや個人事業主として働いている人には、バーチャルオフィスの利用をおすすめします。

バーチャルオフィスで住所をレンタルすると、名刺や公式ホームページに記載したり、事業所の所在として届け出を出したりすることが可能です。

都心部の住所が欲しい人

バーチャルオフィスで住所をレンタルすると、東京の一等地の住所を事務所として利用することが可能です。

東京の有名なエリアを事業所の住所として掲載すれば、顧客に安心感を持ってもらえるというメリットがあります。

自宅の住所で登記をしたくない人

バーチャルオフィスは、自宅の住所で法人登記をしたくない人にも向いています。

自宅の住所でも法人登記することは可能ですが、融資や取引の与信に影響するケースがあります。

また、自宅が賃貸物件だったり親と同居していたりする場合など、自宅を法人登録するのが難しい人もいるでしょう。

何らかの理由で自宅の住所で登記できない場合は、バーチャルオフィスの出番です。

バーチャルオフィスは経費にすることが可能

バーチャルオフィスの利用料金は、経費にすることが可能です。

法人として契約する場合はもちろんのこと、個人でバーチャルオフィスを利用したときも全額経費として計上できます。

経費として計上する際は勘定科目に決まりはないものの、一般的には支払い手数料となります。

恵比寿以外でおすすめな東京のバーチャルオフィス

恵比寿以外にも東京には様々なエリアにバーチャルオフィスがあります。

中でもおすすめなのがNAWABARIです。

NAWABARI

NAWABARIは、業界最安値の月額1,078円から利用できるバーチャルオフィスサービスです。

初期費用や年会費はなく、月額利用料金のみで契約できます。

長期契約になるほどお得に利用できるのが特徴です。

1ヶ月プランなら月額1,628円ですが、1年プランを契約すると月額1,078円となります。

NAWABARIで利用できるサービスは、

・レンタルアドレス
・電話用件留守電転送
・郵便物受取・郵便物転送

の3つです。

電話用件留守電転送は、Webサイトに記載できる電話番号を貸してくれるサービスです。

電話に出られない場合は留守電での預かりとなり、電話内容をメールで送ってもらえます。

郵便物受取・郵便物転送は、レンタルアドレス宛に届いた郵便物を指定場所まで転送してくれるサービスです。

これらのサービスを基本料金内で利用できるのが魅力です。

バーチャルオフィスを利用してみましょう

ビジネスを始めるときは、利用するビジネス住所のイメージはとても重要です。

ビジネス住所として恵比寿を思い浮かべる人が多いと思いますが、東京の一等地の一つである目黒区の住所を持つのもおすすめです。

NAWABARIでバーチャルオフィスのサービスを利用すると、月額1,078円から目黒区の住所をレンタルできます。

バーチャルオフィスを検討しているなら、NAWABARIを利用してみてはいかがでしょうか。