起業

起業の相談ができる窓口10選! 相談前に準備しておくことは?

起業 相談

「起業に関する相談をする相手とは?」
「起業の相談をするときにやるべきことは?」

このような疑問をお持ちではありませんか?

起業に関する相談は、金融機関行政専門家などさまざまな企業や人が相談に乗ってくれます。

また、起業の相談で準備するべきことは、質問内容の再確認です。

本記事を読むと、起業の際に疑問が出てきても、頼れる企業や人がわかります。

起業の準備で、自宅以外の住所がない方は、バーチャルオフィスの「NAWABARI」を利用しましょう。

「NAWABARI」を利用できれば、信用度の高い都心の住所を用意できます。

NAWABARIは、他にも以下の特徴があります。

バーチャルオフィスNAWABARI
  1. 費用は月額1,100円から利用可能
  2. 多くの企業がNAWABARIを選んでいる実績がある
  3. 電話要件や郵便物受け取りサービスを利用できる

少しでも気になる方は、以下のリンクをチェックしてみましょう。

バーチャルオフィスお探しの方必見!

NAWABARIの詳細を見る

起業の相談をするなら頼りたい相談相手6選

起業の相談をするなら頼りたい相談相手6選

起業の相談をしたいなら、以下の相談相手がおすすめです。

起業の相談相手がわかると、開業に関して悩んだ場合や疑問に思ったときに、後回しにせずすぐに解決できます。

それぞれ、詳しく説明します。

ワンストップ相談窓口|技術開発の相談もできる

ワンストップ相談窓口であるPlus Oneは、起業や技術開発の相談を行えます。

Plus Oneは、9つの政府機関が連携してスタートアップを支援するために設立されたサービスです。

特に、技術開発知的財産の実用化海外展開などの分野におけるサポートが充実しています。

そのため、多様な専門分野の相談ができるでしょう。

ワンストップ相談窓口Plus Oneへ相談したい方は、こちらのWebサイト「Plus One」から申し込みをする必要があります。

専門分野に関する相談をしたい方は、ぜひ利用しましょう。

商工会議所・商工会|起業全般の悩みを相談できる

商工会議所や商工会は、起業の支援が手厚い相談窓口です。

商工会議所や商工会は、地域経済の活性化と中小企業の支援を目的とした非営利団体であるため、起業する際には大きな味方になってくれるでしょう。

事業計画書の作成方法や資金調達、会社設立手続きなど、起業に関連する幅広い相談に対応しています。

また、税理士や司法書士などの専門家からのアドバイスも受けられるでしょう。

さらに、商工会議所は起業セミナーや交流会を開催しているため、起業家同士の繋がりや情報収集ができます。

最寄りの商工会議所や商工会で、起業に関する総合的なサポートを受けられるため、利用しましょう。

日本政策金融公庫|起業したときの融資について相談できる

日本政策金融公庫は、融資に関する相談で役に立つ相談相手です。

国が全額出資する政府系金融機関として、創業前支援から資金調達まで幅広くサポートしています。

融資に関する相談はもちろん、業種別の創業手引きや事業計画書の記入例も相談でき、具体的なアドバイスが受けられます。

ビジネスサポートプラザでは、土日夜間の相談にも対応しており、利用しやすさが魅力です。

よろず支援拠点|支援機関を紹介してくれる

よろず支援拠点は、支援機関を紹介してくれるため、起業家にとって頼れる存在です。

よろず支援拠点は、国が運営して経営上のさまざまな相談に無料で対応してくれます。

また、専門家が多数在籍しており、経営の多面的な課題に対して総合的なアドバイスをもらえるでしょう。

さらに、よろず支援拠点では創業から事業再生に至るまでの幅広い相談に対応しており、必要に応じて他の支援機関への紹介も行っています。

中小企業基盤整備機構|24時間365日対応してくれる

中小企業基盤整備機構は、起業家の頼れる存在の1つです。

なぜなら、幅広い支援と24時間365日のアクセス可能な相談窓口を提供しているからです。

政府系機関と連携し、経営に関する無料相談やオンラインワークショップ、AIチャットボットでの支援を行っています。

そのため、経営上の課題解決ビジネスの拡大に役立つ多様なサービスを利用できます。

税務署|税金に関する悩みを相談できる

税務署は、起業に関する税金の相談に最適な窓口です。

起業家にとって税務手続きは複雑で、会社員から独立する場合は税金の仕組み申告の流れを理解することが重要です。

税務署では、法人税や事業税、消費税に関する疑問や、記帳方法、帳簿の保存方法について無料で相談できます。

しかし、予約が必要になる場合も多いため、相談する際は最寄りの税務署に電話で予約の確認をしましょう。

起業 相談

起業の相談内容に専門知識が必要なら頼るべき専門家

起業の相談内容に専門知識が必要なら頼るべき専門家

起業の相談内容によっては、専門知識が必要になる場合があるでしょう。

そのようなとき、頼るべきおすすめの専門家は以下の通りです。

悩みごとにおすすめの専門家を紹介しているため、ぜひご覧ください。

社会保険労務士|雇用や社会保険に関する悩みを相談できる

雇用や社会保険に関する悩みがある場合は、社会保険労務士に相談しましょう。

なぜなら、社会保険労務士は人事労務管理全般の専門家であり、とくに雇用や社会保険に関する手続きができるからです。

起業して従業員を雇用する際には、社会保険雇用保険の加入手続きが必要となります。

以上の手続きは、従業員が多い場合には複雑で時間がかかるため、専門家の支援が不可欠です。

また、社会保険労務士は助成金や補助金の申請手続きにも精通しており、これらを活用する際にもアドバイスをもらいましょう。

行政書士|起業全般の悩みを相談できる

起業の全般に関する悩みは、行政書士に相談しましょう。

起業する業種によっては、許認可の取得法律的な手続きが不可欠です。これらは、行政書士の専門分野です。

また、起業家が直面する法的な課題も相談できます。

そのため、起業に関する疑問を行政書士に相談して、手続きをスムーズに進めましょう。

弁護士|法務や法律の疑問点を相談できる

起業時には、法律の専門知識が欠かせません。

法務や法律に関する疑問点を解消するため、弁護士に相談しましょう。

契約書の作成リーガルチェック著作権など、法律的な側面が関わる重要な事項に対応してくれるからです。

また、起業後も裁判やコンプライアンス違反、契約トラブルなどが生じた際には弁護士の専門知識が必要となります。

そのため、起業の準備段階から信頼できる弁護士を探し、悩みごとの分野に合った持つ人を選びましょう。

税理士|起業の税金や経理に関する悩みを相談できる

起業時の税務や経理の悩みは、税理士に相談しましょう。

税理士は会計や記帳、節税などの専門知識を持っているため、確定申告税務処理に関するアドバイスを受けられます。

また、ビジネスプラン資金調達のサポートも行ってくれるため、起業面でのサポートも手厚いです。

税理士は起業における財務面の問題解決に欠かせない存在です。起業を考える際は、まず税理士に相談し、適切なアドバイスを受けてみましょう。

起業の相談をする際のポイント3選

起業の相談をする際のポイント3選

起業の相談をするとき、押さえておくべきポイントが3つあります。

相談をするときのポイントを押さえると、聞きたいことや知りたいことを簡潔に伝えられるでしょう。

それぞれ説明します。

起業経験がある起業家にも意見を聞く

起業家に相談すると、実際に起業した経験者からのアドバイスをもらえるため貴重です。

起業家からは、理論だけでは得られないさまざまなことを教えてもらえるかもしれません。

たとえば、起業時の資金調達市場分析失敗の経験など、実体験のアドバイスを得られます。

起業の計画段階でリスクやビジネスモデルを磨きあげるときに役立つため、起業を考える際には、起業経験者の意見を積極的に求めることが大切です。

起業の相談はオンラインでもできる

起業の準備をしているときは、相談をする時間がないでしょう。

そのようなときは、オンラインで相談がおすすめです。

例をあげると、中小企業基盤整備機構や日本政策金融公庫でのビデオ通話を使った相談窓口が挙げられます。

また、民間業者も開業支援サービスやコンサルティングをオンラインで行っており、セミナーもオンラインで参加可能です。

起業の準備で忙しい方距離的な制限がある方でも、実用的なアドバイスを受け取れます。

オンラインでの相談は、起業準備の負担を大幅に軽減できるため、利用しましょう。

事業の計画を立てておく

事業計画の立案は、起業の相談をするときに必要です。

事業計画を明確にすると、専門家に具体的なアドバイスを求めやすくなります。

商品やサービスの内容、販売チャネル、収益予測、コスト、生産・集客方法など記入し、事業規模を伝えるための資金計画も作成しましょう。

また、売上が不安定な起業初期に備え、運転資金の確保も重要です。

具体的な計画を持つことで、限られた相談時間を有効に活用し、専門家の適切なアドバイスを得られます。

事業計画は、完成形ではなく、相談を通じて改善していくため、未確定の部分も含めて準備することが大切です。

起業 相談

起業の相談をする前に準備しておきたい2つのこと

起業の相談をする前に準備しておきたい2つのこと

起業の相談をする前に準備しなければ、自分の聞きたいことを聞けない可能性があります。

起業の相談をする前に準備しておくことは以下の2つです。

起業の相談をする前に以上の2つを準備すると、後悔しない相談ができます。

それぞれ説明します。

無料で起業の相談ができる窓口を探す

無料の相談窓口を確保すると、困ったときにすぐ相談できるようになります。

無料で起業の相談をできる場所は以下のとおりです。

  • オススメの相談相手
  • ワンストップ相談窓口
  • 商工会議所・商工会
  • 日本政策金融公庫
  • よろず支援拠点
  • 独立行政法人
  • 税務署

専門家以外は、基本的に無料で相談できるため、ぜひ活用しましょう。

また専門家に相談する場合は、相談料が高くなるため、疑問点を一気に相談できるようにしてください。

起業に関する相談内容をまとめる

起業を相談する内容は、あらかじめまとめておきましょう。

たとえば、資金計画についてなのか起業の流れについてなのかを決めておくことです。

相談内容をまとめておくと、聞き忘れや説明不足を解消できます。

また、自分の現状もまとめておくことで、相手のアドバイスがより明確になります。

メモ帳やノートなどに起業に関する相談内容をあらかじめまとめ、後悔しないようにしましょう。

起業に向けたオフィスを手に入れたいなら「NAWABARI」を利用しよう!

起業 相談

本記事では、起業の相談をする相手について詳しく解説しました。

起業の相談を無料でできる場所は以下のとおりです。

困ったとき、すぐに相談できるようになるため、相談相手は確保しておきましょう。

また、相談をするときのポイントは以下のとおりです。

相談をするときにも、意識しておくべきことがあります。

相談した後に後悔しないよう、きちんと相談内容を再確認しましょう。

起業の準備で、自宅以外の住所がない方は、バーチャルオフィスの「NAWABARI」を利用しましょう。

「NAWABARI」を利用できれば、信用度の高い都心の住所を用意できます。

NAWABARIは、他にも以下の特徴があります。

バーチャルオフィスNAWABARI
  1. 費用は月額1,100円から利用可能
  2. 多くの企業がNAWABARIを選んでいる実績がある
  3. 電話要件や郵便物受け取りサービスを利用できる

少しでも気になる方は、以下のリンクをチェックしてみましょう。

バーチャルオフィスお探しの方必見!

NAWABARIの詳細を見る