バーチャルオフィス

【2023版】八王子エリアでおすすめなバーチャルオフィスを紹介!

近年個人・法人問わず、「バーチャルオフィス」を活用する事業主が増えています。

認知度が向上したとは言え、バーチャルオフィスについて詳しく知りたいという事業主もまだ大勢いることでしょう。

そこで今回はバーチャルオフィスのメリット・注意点について詳細に解説していきます。

さらに八王子でおすすめのバーチャルオフィスについても紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

バーチャルオフィスとは?

「バーチャルオフィス」とは「バーチャル(仮想)」という文字が示す通り、

実体を持たない仮想事務所のこと

です。

「レンタルオフィス」「シェアオフィス」では作業スペースを借りてオフィスに出向くのに対して、バーチャルオフィスでは基本的にオフィスの住所のみを借ります。

住所はネットショッピングサイトに記載が必要な他、登記・法人設立・郵便受け取りなど、起業する事業者にとって重要です。

その住所をレンタルするのがバーチャルオフィスの主な目的です。

作業スペースは自宅やカフェなど別の場所で確保する必要があります。

またオプション料金を支払えば作業スペースが借りられる他、会議室や郵便物転送のサービスを用意しているバーチャルオフィスが数多くあります。

このようにオプションを駆使して柔軟な使い方が可能なのもバーチャルオフィスの特徴です。

八王子でおすすめのバーチャルオフィス

fabbit 八王子

バーチャルオフィス名fabbit 八王子
住所〒192-0046 東京都八王子市明神町3丁目20−5 エイトビル 3階
営業時間(休日)受付時間:平日9:00-18:00、利用時間:24時間営業(ただしプランにより利用時間が異なります)
月額5,500円~
特徴「fabbit 八王子」はJR八王子駅から徒歩4分と恵まれた立地にオフィスがあります。
夜間のみ利用する「ナイトプラン」や休日のみ利用する「ホリデープラン」など様々なプランが用意され、自分に合ったプランを選択することが可能です。
オフィスには作業スペースに加えて大小会議室が設置され、取引先との打ち合わせに最適です。
また同じ運営会社の「fabbit」系列では、住所のみの利用が可能なバーチャルオフィスが用意されています。
URLhttps://fabbit-hachioji.jp/

八王子 8Beat

バーチャルオフィス名八王子 8Beat
住所〒192-0084 東京都八王子市三崎町4-11 トーネンビル5F
営業時間(休日)受付時間:全日9:00-19:00、利用時間:9:00-21:00
月額9,800円~
特徴「八王子 8Beat」はJR八王子駅から徒歩4分の場所にオフィスを構えています。
電源・無線wifiが完備され、フリードリンクも付いていて、さらに3Dプリンターも利用できます。
月額会員の他に、2時間利用・1日利用も可能です。
またオプション料金(+1万円)を支払うことで法人登記・住所利用・郵便物受付のサービスが受けられます。
URLhttps://8beat.tokyo/

バーチャルオフィスで住所のみ借りるメリット

プライバシーが保護される

特定商取引法によりネットショッピングサイトの開設には住所の記載が義務付けられています。

また郵便物の受取先や登記など、事業を営んでいると何かと住所を公に知らせる機会は多くなります。

自宅の住所を事業の住所として使用し、不特定多数の人に公開することはセキュリティの観点から危険です。

加えて自宅の住所では営業の許認可が下りない可能性や、融資審査の際に不利になる可能性もあります。

そこでバーチャルオフィスで住所を借りることで、事業の住所と自宅の住所を分けることが可能となり、プライバシーが保護されます。

都心一等地の住所で信頼を高められる

事業者とこれから取引しようとする企業は、必ず事業者の住所を確認してきます。

仮に自宅住所が事業者の住所だと、取引先は事業の本気度を疑い、不審に思うことでしょう。

逆に住所が都心一等地であれば、取引先は安心して取引を持ちかけてくれることでしょう。

オプションを利用すると電話代行なども行ってもらえる

バーチャルオフィスのサービスは原則住所のレンタルのみですが、様々なオプションを用意しているバーチャルオフィスも存在します。

電話転送・電話代行・郵便物転送

といったオプションサービスがあります。

またレンタルスペースのように作業スペース・会議室のレンタルがあるバーチャルオフィスも人気です。

さらに法人登記を代行してくれるサービスや、事業者を集めてセミナーを開催するなど多種多様です。

住所のみ借りられるため初期費用を抑えられる

バーチャルオフィスの平均相場は月額2,000円~3,000円となっています。

作業スペースをレンタルしない分、費用をかなり抑えることが可能です。

起業する時には色々と出費が重なるでしょう。

賃貸借契約でオフィスを借りる余裕がない時は、まずバーチャルオフィスと契約するのも手段の1つです。

格安でバーチャルオフィスを選ぶ際の注意点

住所や立地を確認する

土地勘の無い住所をレンタルする場合、その土地が一等地かどうか分からないこともあるでしょう。

また単に住所のみで一等地だと決めることも大変に危険です。

例えばレンタルした住所の周辺に何もなかったり、周囲の建物が健全ではない事業を営んでいたりすることもあります。

そのような住所を利用した場合、逆に取引先の信用を失いかねません。

そのような事態を未然に防ぐためにも現地に行くなどして、レンタルする予定の住所がどういう場所なのかを自身の目で確認してください。

サービス内容を確認する

上述したようにバーチャルオフィスでは様々なプランと豊富なオプションが用意されています。

月額プランでどこまでのサービスを受けられるかを確認し、料金と比較してコストパフォーマンスに優れているかを検討してください。

建物・設備を確認する

オプションでバーチャルオフィスの作業スペースや会議室を借りることもあるでしょう。

いざ利用する時になって、例えば作業スペースにコピー機が無かったり、会議室にプロジェクターが無かったりなど、予定していた工程が行えない可能性もあります。

現地視察をするなどして、利用前に設備がどうなっているかを確認しましょう。

運営してる会社を確認する

バーチャルオフィスを契約しても、運営会社の財務基盤が脆弱であったり、運営実績が皆無だったりすると、すぐにサービスが終了しかねません。

バーチャルオフィスのホームページには必ず運営会社が記載されているので、契約する前に必ず確認してください。

バーチャルオフィスは所在地に関係なく契約できる

バーチャルオフィスは自宅の住所がどこであろうと契約ができます。

したがって地方に在住しながら都内の一等地の住所を借りることもできます。

逆に都内にいながら地方のバーチャルオフィスと契約して、その土地に向けた事業を展開することも可能です。

「ワーケーション」のように各土地を旅行しながら事業を行うのもいいでしょう。

ただし自宅の住所とバーチャルオフィスが離れていると、郵便転送などのサービスを受ける場合に通常より時間がかかる可能性があるので注意してください。

東京のおすすめなバーチャルオフィス!

NAWABARI

「NAWABARI」は東京にあるバーチャルオフィスです。

EC業界関係者が選ぶバーチャルオフィスサービス第1位にも選ばれるなど、運営実績も確かなものがあります。

初期費用・年会費0円、月額980円~という業界最安値でバーチャルオフィスがレンタルできます。

さらに住所のレンタルに加えて、電話要件転送、郵便物受取・転送がオプション料金なしではじめから利用可能です。

東京の一等地の住所をレンタルしようと考えている場合には、ぜひNAWABARIを検討してみてください。

ぜひバーチャルオフィスの利用を検討してください

以上のように、バーチャルオフィスの住所を借りることで多くのメリットをもたらしてくれます。

立地・契約内容・運営会社をよく精査して契約することで、どこに住んでいても一等地の住所をレンタルして起業することが可能です。

特に東京でバーチャルオフィスを探している場合は、NAWABARIの利用を強く推奨します。

ぜひ上手に活用してみてください。