EC

品質表示タグとは?記載内容や注意点の解説!

品質表示タグ 販売を目的に作った商品には、種類によって品質表示タグを付けることが法律で義務付けられているものがあります。

たとえ小規模の個人店舗であっても、知らずに販売してしまうと罰則を受けることになりますので要注意です。

では、どのような商品に品質表示タグが必要となり、何を記載しなくてはならないのでしょうか。

この記事では、品質表示タグを表示する際の注意事項などについて詳しく解説していきます。

品質表示タグとは

品質表示タグとは、製造者の連絡先を示しながら、その商品がどのような素材を用いて作られており、どんなお手入れや取り扱いをすべきかについてわかりやすく表示するもので、昭和37年の「家庭用品品質表示法」によって明記が義務付けられているものです。

家庭用品に関するトラブルから消費者を保護することを目的としており、「繊維製品」「雑貨工業品」「合成樹脂加工品」「電気機械器具」の4製品が対象になります。

繊維製品といえば、洋服やズボン、スカート、帽子などといった衣服があげられます。

革製品や手作り石鹸などは雑貨工業品に該当します。

合成樹脂加工品は主にプラスチックで作られた製品で、洗濯機や掃除機、エアコンなどは電気機械器具に該当します。

これらの商品について、品質表示を必ず明記しなくてはならないと定めたのが家庭用品品質表示法で、その法律に定められた記載内容をコンパクトにまとめたのが品質表示タグというわけです。

品質表示タグへの記載が義務づけられている内容

市場に流通する商品には、私たちが毎日身につける服飾品などの数が圧倒的に多いことから、ここでは繊維製品を例にとって記載の決まりなどを確認していきましょう。

繊維製品の品質表示タグに記載が義務付けられている内容は「繊維の組成」「洗濯絵の記載」「法人名・連絡先」などとなります。

繊維・素材

その製品がどのような素材を用いて作られているのか、具体的な繊維名を示します。

同時に、製品に使用されている繊維が、その製品に対してどれくらいの割合を占めているのかを示す混用率も表示します。

素材表示に用いる用語は規定に定められており、指定用語を用いて表記しなくてはならない決まりです。

例えばあるセーターが「羊毛50パーセントカシミア50パーセント」と記載されている場合、繊維の素材である「羊毛、カシミア」が、それぞれ1着につき50パーセントの質量を有して混用されていることを示しています。

「羊毛、カシミア」という繊維素材の表示名は、法律に定められた指定用語ですが、ほかにどのような指定用語があるのかを参照したい場合は、消費者庁のホームページに詳細な一覧表がまとめられているので便利です。

洗濯絵(洗濯表示)の記載 

製品のお手入れ方法について消費者が戸惑わないように、洗濯方法などを示すのも表示義務の一つです。

これは洗濯絵といわれるわかりやすい記号を用いて製品の洗い方や干し方、アイロンのあて方などを示すもので、衣類や洗濯用品にも海外製品が増えてきたことから、平成28年に国際規格と統一し、記号内は日本語ではなく外国語表記で表示されるようになりました。

洗濯絵の組み合わせ方は、①洗い方②塩素漂白が可能か否か③アイロンのかけ方④ドライクリーニング⑤絞り方⑥干し方となり、番号順に左から右に並べる決まりです。

2行表示も可能ですが、順番を変えることはできません。

法人名・連絡先

製品の製造者の責任を明確にするために、「表示者の氏名又は名称」の表示が義務付けられています。

表示者の名称を法人名とする場合は、登記された正式名を用い、個人の場合は原則として個人名を入れます。

連絡先は製造者の住所あるいは電話番号を示しますが、両方併記することも可能です。

電話番号に関しては携帯電話やファックスは認められていません。

品質表示タグへの記載が任意の内容

品質表示タグへの記載事項として示されてはいるものの、必ずしも示さなくてよい項目に「品番・サイズ」「ロゴ」「付記用語」「原産国」などがあります。

ただし、次のような点で積極的に表示していくことが望まれます。

まず、品番は商品管理の面や問い合わせなどの際などに役立ちますし、消費者目線で見ればサイズが記入されている方が親切です。

ロゴは認知度を上げる点で入れた方が効果的です。

付記用語は製品の取り扱い上の注意点をまとめたもので、製品を長持ちさせるためのコツなどを示すことができます。

製品への思いをアピールすることができ企業イメージのアップにもつながります。

原産国の表記も情報開示に積極的だという企業姿勢を明確に示すことができます。

【要注意】個人のハンドメイド作品でも品質表示ラベルは必須!

品質表示は、一般的な商業施設で流通するような有名メーカーの製品だけに義務付けられているものではなく、ごく小規模なハンドメイド作品などにも記載義務が適応されます。

そのため、ハンドメイド製品での起業や副業を考えている人は、当事者意識をもって事前にしっかりと準備をしておかなくてはなりません。

品質表示の記載内容については一通り確認しましたが、品質表示を記したラベルやタグはどこに付けるべきか、どのように作るべきかなどについても理解を深めておきましょう。

品質表示ラベルを付ける場所

「家庭用品品質表示法」によると、品質表示は見やすい個所にわかりやすく表示してあれば、ラベルの形で下げ札としても貼り札としてもかまわないことになっています。

ただし、家庭洗濯等の取り扱い方法については簡単に取れないように繊維製品に取り付けることが求められているため、タグのような形で縫い付ける方法が一般的であるとされています。

品質表示タグの作り方

品質表示タグの作り方については2種類あります。

すなわち自分で作るか外注するかの選択です。

ポイントは製品への取り付け方になりますので、自作するにしても外部に依頼するにしても、簡単に取れないような加工を徹底することが大切です。

自作する方法としては手作業で縫い付けるのが確実ですが、これでは時間も手間もかかるため、布シールなどを使って貼り合わせるといった方法を検討してみるのがよいかもしれません。

外注する場合は、アパレル系専門の印刷会社やタグの制作会社などに問い合わせるのが早道です。

発注量が少なくても対応可能なところもありますので、まずは相談してみることが大切です。

品質表示タグの内容を守らなかった場合

明示が義務付けられている品質表示ですが、タグを付けなかったり記載内容を守らなかったりした場合はどうなるのでしょうか。

結論から言えば、「家庭用品品質表示法」を守らない場合は、20万円以下の罰金に処せられます。

法律に違反しているかどうかは、消費者庁に設けられた違反相談窓口などに持ち込まれた通報などに基づいて判断されたり、違反が疑われる者に対して市町村が個別に聞き取り調査を行ったり、場合によっては立ち入り調査に入ったりして判断することになります。

品質表示タグの連絡先記載問題

品質表示義務は大手メーカーの製品だけでなく、個人のハンドメイド製品にも義務付けられています。

違反すれば罰則を伴う厳しい法律ですが、そのことが分かったうえでもさらに、連絡先を明らかにして個人情報をさらしてしまうことに根強い抵抗感があるのも確かです。

特に会社に内緒で副業を始めようとしたり、起業がどんなものかちょっと試してみたいだけだったりした場合は、個人を特定されるリスクを避けたいと考えるのも無理はありません。

そんなときには、バーチャルオフィスを借りるという方法があります。

バーチャルオフィスを活用する方法もアリ!

バーチャルオフィスとは、月額料金を支払って住所や連絡先をレンタルするもので、品質表示に記載が義務付けられている運営者情報を個人情報に触れることなく記載可能にするものです。

もちろん法律的には何の問題もありません。

そして今、このバーチャルオフィス業界で注目を集めているのが、「NAWABARI」です。

NAWABARI

同社は実際に運営している店舗の住所をレンタルスペースとして貸し出しているので、連絡先となる住所のレンタルはもちろん、ネットショップの事業展開に必要な特定商取引に基づく表記などにも対応できるという点で、EC事業者などからも強く支持されています。

個人情報に関する取り扱いなどにも非常に意識が高く、業界で唯一Pマークを取得、レンタルアドレスに、電話転送や郵便物受取・転送といったサービスがついて月額税込1078円~という低料金がスタートアップ事業者には非常に魅力的なサービス内容となっています。

正しい品質表示タグの知識を得てから事業を始めよう!

繊維製品などは、品質表示を明記することが法律で義務付けられています。

個人で販売するハンドメイド製品にも適応され、素材名、洗濯絵、事業者の氏名・連絡先は必ず表記することが必要です。

しかし連絡先などの個人情報をさらすことに抵抗があればバーチャルオフィスを借りるのも方法です。

中でもNAWABARIなら個人名を伏せたままで品質表示を行うことが可能となります。

どの方法がベストの選択か、検討したうえで事業を始めましょう。