EC

【住所バレ防止】Amazon欲しい物リストの作り方や匿名にする方法とは? 住所バレした場合の対処法も解説

amazon ほしい物リスト 住所 バレる

Amazonの欲しい物リストは、自分のほしい商品をリスト化して他の人と共有することができる便利な機能です。

しかし、住所情報がバレてしまうのではないかという不安もあるかもしれません。

ここではAmazon欲しい物リストで住所がバレる可能性について触れながら、安心して使うための注意点と対策法について解説していきます。

また、バーチャルオフィス「NAWABARI」を利用して、より安全に欲しい物リストを活用する方法についても紹介していきます。

バーチャルオフィス「NAWABARI」では、荷物の受け取りや転送のサービスもご提供しています。

欲しい物リストによる住所バレを避けたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

バーチャルオフィスお探しの方必見!

NAWABARIの詳細を見る

Amazon欲しい物リストとは?

amazon ほしい物リスト 住所 バレる

Amazon欲しい物リストは、Amazonのユーザーアカウントに登録された欲しい物をリスト化し他の人と共有する機能です。

自分で欲しい商品をリストに追加し友人や家族とリストを共有することで、誕生日やクリスマスなどのプレゼントの参考にできるのです。

Amazon欲しい物リストで送る側の住所がバレる可能性がある

amazon ほしい物リスト 住所 バレる 可能性

Amazon欲しい物リストは基本的にはユーザーの個人情報を公開せずに利用できる機能ですが、住所や本名がバレる可能性がある点について注意が必要です。

リストに送り先の住所を入力した場合、その住所がリストに表示されてしまう可能性があります。

また、Amazonのアカウント情報に登録された本名がリストに表示されることもあります。

これにより、他のユーザーに自分の住所だけでなく本名もバレてしまうリスクが考えられます。

さらに、Amazon欲しい物リストを友人や家族に送る際には送り主の住所情報が表示されてしまうことがあり、送る側の住所情報が漏れてしまうリスクもあるのです。

amazon ほしい物リスト 住所 バレる

Amazon欲しい物リストの作り方と公開する方法を解説

amazon ほしい物リスト 住所 バレる 公開する方法

Amazonで欲しい物リストをつくり、公開するまでの流れについて、見てみましょう。

Amazonのサイトから欲しい物リストを作成する

Amazonの欲しい物リストをつくるには、Amazonアカウントが必要です。

アカウント作成をしたら、次の流れで欲しい物リストを作成します。

  • 1. amazonのトップページ上部に記載されているアカウント名をクリック
  • 2. 「ほしい物リスト」をクリック
  • 3. 「リストを作成する」をクリック

ほしい物リストは、デフォルトの状態では非公開設定となっています。

まずは非公開でリストを作成し、完成後に公開処理をしましょう。

Amazonの商品を欲しい物リストに追加する

ほしい物リストの中に実際に欲しい物の商品を入れてみましょう。

  • 1. リストの作成を完了させたら欲しい商品のページへと移動する
  • 2. 商品ページの「今すぐ購入」ボタンの下にある「リストに追加」をクリックする
  • 3. 表示される欲しい物リストをクリック

これで、商品が欲しい物リストに追加されました。

欲しい物リストから商品を削除する際は、リストを開き、商品の横にある「…」と書かれた黒い丸印が3つ並んだ表示をクリックしてください。

クリックをすると、リストが表示されます。

その中にある「削除」を選べばOKです。

Amazon欲しい物リストのリンクをコピーして公開する

欲しい物リストは自分自身の買い物メモとしても活用できますが、公開をすることで第三者がリストの持ち主にプレゼントできます。

公開の方法については、下記の通りです。

  • 1. 「ほしい物リスト」上部にある「招待」をクリック
  • 2. 他のユーザーのほしい物リストの編集権限について聞かれるため「表示のみ」を選択
  • 3. 欲しい物リストのシェア方法として「リンクのコピー」を選択
  • 4. コピーしたリンクをSNSやYouTubeの概要欄などに貼り付け完了

編集権限を「表示のみ」にしないと、欲しい物リストが第三者によって勝手に編集されてしまいます。

欲しくない物が加えられたり、欲しかった物が削除されたりする可能性があるため、権限は「表示のみ」にするよう注意しましょう。

Amazon欲しい物リストで住所がバレないようにする方法5選

amazon ほしい物リスト 住所 バレる バレない方法

Amazon欲しい物リストは便利な機能ですが、住所がバレるリスクがあるのは不安要素です。

しかし、適切な対策を講じることで安心して利用することができます。

ここでは、Amazon欲しい物リストで住所がバレないようにする方法について解説していきます。

リストの公開範囲を設定する

Amazon欲しい物リストで住所がバレないようにするための一つ目の方法は、リストの公開範囲を設定することです。

公開範囲を信用できる人だけに限定することで、住所情報の漏洩を防ぐことができます。

以下の手順でリストの公開範囲を設定できます。

  1. Amazonのアカウントにログインし欲しい物リストのページにアクセスします。
  2. リストの右上にある「リストの設定」をクリックします。
  3. 「リストの公開範囲を設定する」の項目で公開範囲を選択します。
  4. 信用できる人だけに公開する場合は「特定の人にのみ公開」を選択し、公開したい人のメールアドレスを入力します。
  5. 変更を保存します。

これにより、欲しい物リストが公開される範囲を限定できます。

リストを公開する際には、公開範囲の設定を再確認し適切な設定を行うようにしましょう。

配送先名・配送先住所にひと工夫する

配達員には必要な情報を伝えつつも自分の本名や住所を守るために、配送先名と配送先住所に工夫をしましょう。

まず、配送先名にはハンドルネームを使用することで、送り主側に自分の本名がバレる心配がありません。

また、配送先住所を「新規作成」にして住所の最後に自分の本名を入れることで、配達員が迷うことなく荷物を届けることができつつ、住所の詳細が送り主側にバレる心配も減らせます。

さらに、住所や誕生日など個人情報を探ることができる項目は未入力にすることがおすすめです。

これらの方法を実践することで、Amazonの欲しい物リストを利用しながら住所情報や本名を守ることができます。

個人情報の保護には十分な注意が必要ですので、自己防衛のために適切な対策を講じるようにしましょう。

Amazonのアカウントはハンドルネームに設定する

Amazonのアカウント設定でハンドルネームを使用することで、自分の本名を公開せず欲しい物リストを作成できます。

リストの受取人名や送り主情報にはハンドルネームが表示されるため、自分の本名がバレる心配がありません。

また、ハンドルネームを使用する際には、他の個人情報も適切に設定しましょう。

住所情報や電話番号、誕生日などを探ることができる項目については必要最小限の情報を入力するか、未入力にすることで個人情報の保護を強化できます。

「販売者と住所の共有」のチェックを外す

Amazonの欲しい物リストには、「販売者と住所の共有」という設定があります。

この設定がオンになっていると、Amazon以外の出品者からの商品も送ることができてしまいます。

この設定をオフにすることで、Amazon以外の出品者の商品を送ることはできなくなります。

この方法を選択すると、贈り物はAmazon出品の商品に限定されるため、送りたい商品がAmazon以外の出品の場合には利用できません。

また、商品の購入者がAmazon出品者である際には住所の共有が必要になる場合があります。

宅配業者がAmazonではない場合は注意する

宅配業者がAmazon以外の場合には、送り主に届くメールの問い合わせ番号から住所情報は表示されませんが最寄りの配達店がわかってしまいます。

これにより、自分の住所がバレる可能性があるので注意が必要です。

amazon ほしい物リスト 住所 バレる

Amazon欲しい物リストで住所がバレたときの対処方法とは?

amazon ほしい物リスト 住所 バレる 対処法

Amazonの欲しい物リストで住所がバレてしまった場合、迅速に対処することが重要です。

設定の変更やリスクへの対応を行い、個人情報保護や身の安全の確保をしっかりと行いましょう。

ここでは、対処方法について詳しく解説していきます。

すぐに設定の変更をする

Amazonの欲しい物リストで住所がバレた場合、まずはすぐに設定の変更を行いましょう。

設定画面にアクセスし配送先の住所を見直し、不要な情報を削除するか最小限の情報に限定するように設定を変更しましょう。

Amazonのセキュリティ設定を確認し、二段階認証などを有効にすることもおすすめです。

さらに、パスワードを複雑にし定期的に変更するなど、アカウントのセキュリティを強化しましょう。

リスクを感じる場合は引っ越しを検討する

住所がバレたことにより個人情報の漏洩やセキュリティリスクを懸念する場合は、引っ越しを検討することも一つの選択肢です。

新しい住所に移転することで以前の住所情報を持っていた人や悪意のある第三者がアクセスできなくなり、個人情報の保護を強化できます。

ただし、引っ越しには多くの手続きや費用が伴いますので、慎重に判断し必要に応じて専門家の助言を受けることをおすすめします。

また、引っ越しが必要になるような事態を防ぐために、あらかじめ送り先を仮の住所設定しておくことも有効な手段です。

バーチャルオフィスを活用することで、自宅住所の漏洩を防ぎ、荷物を安全に受け取れます。

バーチャルオフィスお探しの方必見!

NAWABARIの詳細を見る

Amazon欲しい物リストの住所バレに関するよくある質問とは?

amazon ほしい物リスト 住所 バレる よくある質問

最後に、Amazon欲しい物リストの住所バレに関するよくある質問と、その回答についてご紹介します。

Amazonの欲しい物リストを相手に送る方法とは?

Amazonのウェブサイトやアプリにログインし、欲しい物リストを作成します。

欲しい物リストを相手に送るには、リンクを共有するかメールやメッセージなどの方法で招待を送ることができます。

相手がリンクをクリックすると欲しい物リストが表示されますが、住所は表示されませんので住所バレのリスクはありません。

Amazonの欲しい物リストの支払い方法とは?

欲しい物リストの支払い方法は、欲しい物リストの作成者が設定した支払い方法に従います。

一般的には、Amazonのウェブサイトやアプリから直接支払いを行うことができます。

欲しい物リストの作成者が設定した支払い方法には、クレジットカードやデビットカード、Amazonギフトカードなどがあります。

支払い情報は作成者と欲しい物リストの参照者の間で直接やり取りされるため、住所バレのリスクはありません。

Amazonの欲しい物リストはいくつまで登録できるの?

Amazonの欲しい物リストには、最大で500の欲しい物を登録できます。

これにより、異なる用途や目的に合わせて複数の欲しい物リストを作成できるのです。

欲しい物リストの作成数には制限があるため、必要に応じて使い分けるようにしましょう。

Amazon欲しい物リストの住所バレが気になる場合はバーチャルオフィスを利用しよう

amazon ほしい物リスト 住所 バレる まとめ

Amazonの欲しい物リストを安全に活用するためにおすすめな方法の一つが、届け先をバーチャルオフィスに設定することです。

その中でも特におすすめなバーチャルオフィスサービスが、「NAWABARI」です。

EC事業者やインフルエンサーに特化したサービスであり、多くのプラットフォームにサービスを提供しており業界唯一のPマーク取得企業として信頼性が高いです。

「NAWABARI」の魅力は、その機能の多様性にあります。

届いた郵便物を管理画面上で写真で確認することができるため、テレワークで事務所が不要となった企業にも便利です。

また、法人登記が可能な住所の貸し出しや銀行口座開設紹介などのサービスも付いており、月額980円からという業界最安値水準の価格も魅力的です。

さらに、BASEや17LIVEをはじめとした多くのプラットフォームへの提供実績があるため信頼性が高いです。

Amazonの欲しい物リストの届け先を「NAWABARI」のバーチャルオフィスに設定することで、個人情報の漏洩やセキュリティ上のリスクを最小限に抑えることができるでしょう。

今回解説した住所バレを防ぐためのポイントに留意しながら、ぜひ、活用を検討してみてください。

バーチャルオフィスお探しの方必見!

NAWABARIの詳細を見る