バーチャルオフィス

【台東区】上野・浅草エリアでおすすめのバーチャルオフィス 10 選!

企業のブランディングの一貫としてオフィスの場所選びは重要です。

そこで好きな場所の住所を借りられるバーチャルオフィスを利用すると、オフィス代を節約しつつ好きな場所にオフィスを借りられるでしょう。

ここでは上野を中心に台東区のおすすめバーチャルオフィスを紹介します。

台東区をはじめとする東京都内のバーチャルオフィスを検討している方は参考にしてみてください。

バーチャルオフィスとはなに?

バーチャルオフィスとは簡単に言えば

住所の貸し出しサービス

のことを言います。

特に東京都内のオフィス街でオフィスを借りようとすると賃料が高いですし、そもそもフリーランスなどの場合、仕事をするのは自宅で十分であり、オフィスが必要ないこともあるでしょう。

そこでバーチャルオフィスならオフィスの実体は存在しないので、安い料金で好きな土地の住所を借りられます。

台東区でおすすめのバーチャルオフィス9選

台東区にはオフィス街として知られる上野を中心に大手から中小まで幅広い規模のバーチャルオフィスが参入しています。

それでは台東区のおすすめバーチャルオフィスを紹介します。

THE HUB 秋葉原EAST nex Inc.

バーチャルオフィス名THE HUB 秋葉原EAST nex Inc.
住所東京都台東区浅草橋5-8-11大富ビル 2-5F
営業時間(休日)10:00〜18:00、休日土日祝日
月額3,850円〜
特徴THE HUBは東京都内を中心に全国展開をしているレンタルオフィスサービスです。
バーチャルオフィスも取り扱っており、月額3,850円で秋葉原の住所が借りられる他に有料で全国にあるTHE HUBの拠点にある会議室も使えます。
それ以外にもTHE HUBは起業や事業運営に関連するサポートも充実。
ホームページ制作や登記をはじめとする起業に必要な手続きの代行など、プロによるサポートを受けたい方におすすめです。
URLhttps://thehub.nex.works/?utm_source=rocom&utm_medium=cpv

インスクエア 上野

バーチャルオフィス名インスクエア 上野
住所東京都台東区上野2-12-18
営業時間(休日)10:00〜18:00、休日土日祝日
月額8,250円〜
特徴多少高額になっても手厚いサービスを期待したいならインスクエア上野がおすすめです。
インスクエア上野は上野公園からすぐの立地にあるレンタルオフィス・コワーキングスペースです。
バーチャルオフィスも取り扱っており、住所貸しだけでなく有人管理のフロント、専用電話番号による電話代行サービスなども利用できます。
ただバーチャルオフィス単体としては高額なので、レンタルオフィス・コワーキングスペースと併用するのがおすすめです。
URLhttps://in-sq.com/ueno/

ワンストップビジネスセンター上野店

バーチャルオフィス名ワンストップビジネスセンター上野店
住所〒110-0005東京都台東区上野6丁目1-6 御徒町グリーンハイツ内
営業時間(休日)10:00〜17:30、休日土日祝日
月額5,280円〜
特徴住所貸しに加えて郵便物の転送も利用したいならワンストップビジネスセンターがおすすめです。
週1回の転送がプランに組み込まれているのでお手頃に利用できるでしょう。
また、貸し会議室も有料で利用可能。
ホワイトボードをはじめとする基本設備の他にドリンクやスナックなども揃っており、特に下準備をすることなくクライアントとの会議ができて便利です。
URLhttps://www.1sbc.com/branch/ueno/

中沢商会

バーチャルオフィス名中沢商会
住所東京都台東区台東1-9-4松浦ビル5FRP
営業時間(休日)月~金9:00~17:00、土9:00~12:00、休日日・祝・第三土曜
月額9,000円〜
特徴電話代行サービスを行っている中沢商会では、電話代行プランの中に住所貸しサービスが付帯しています。
バーチャルオフィス+電話代行の料金と考えると月額9,000円はお手頃な値段と言えるでしょう。
特に中沢商会は1日にかかってくる電話の本数が多い場合におすすめです。
料金が固定となっており、電話対応も専属スタッフが行うので、低価格で質の高いサービスが期待できます。
URLhttp://www.nakazawa-daikou.jp/

ビズサークル 上野北オフィス

バーチャルオフィス名ビズサークル 上野北オフィス
住所東京都台東区根岸3-22-15
営業時間(休日)24時間営業、年中無休
月額要問い合わせ
特徴ビズサークル上野北オフィスは鶯谷駅から徒歩6分の場所にあるレンタルオフィスです。
こちらはレンタルオフィスに住所貸しサービスが無料で付帯しているものであり、バーチャルオフィス単体で契約することはできません。
そのため、フリーランスや1〜2名で事業を行っている方で作業場所を探している方におすすめのサービスです。
URLhttps://bizcircle.jp/uenokita/

ビジネスリンク

バーチャルオフィス名ビジネスリンク
住所東京都台東区上野6-8
営業時間(休日)10:00〜18:00、休日土日祝日
月額1,320円〜
特徴上野エリアでとにかく安くバーチャルオフィスを利用したい方におすすめするのがビジネスリンクです。
郵便物の受け取りサービスを入れても月額2,000円台となっており、サービス内容を最小限にすることで料金を少しでも安く抑えています。
URLhttps://business-link.site/

GOGO オフィス上野入谷

バーチャルオフィス名GOGO オフィス上野入谷
住所東京都台東区下谷3-1-24
営業時間(休日)24時間営業、年中無休
月額37,000円〜
特徴GOGOオフィスは台東区と豊島区に展開しているレンタルオフィスです。
こちらもバーチャルオフィスのみの利用はできませんが、1〜2名で使えるかつ安く利用できる個室の作業場所を探している方に適しているでしょう。
シャワーなども付いていて、作業に行き詰まったときのリフレッシュもしやすいのが便利です。
URLhttp://gogo-office.co.jp/office/iriya.html

GOGO オフィス御徒町

バーチャルオフィス名GOGO オフィス御徒町
住所東京都台東区元浅草1-6-12
営業時間(休日)24時間営業、年中無休
月額37,000円〜
特徴先ほど紹介したGOGOオフィス上野入谷の系列店がGOGOオフィス御徒町です。
こちらもバーチャルオフィス単体での利用はできませんが、格安料金でレンタルオフィスを契約でき、低価格で1〜2名で作業ができる場所を探している方におすすめと言えます。
URLhttp://gogo-office.co.jp/office/okachi.html

ウエノ ユア

バーチャルオフィス名ウエノ ユア
住所東京都台東区上野3丁目15-7
営業時間(休日)7:00〜23:00、不定休
月額5,500〜
特徴ウエノユアはレンタルスペース・コワーキングスペースとして運営されており、こちらもバーチャルオフィス単体では利用できません。
ただ、週末起業プランやフリースペースのみを利用するプランなど格安で利用できるプランが用意されているので、住所だけでなく安く利用できる作業場所をお探しの方にぴったりのサービスです。
URLhttps://www.uenoyour.com/home

バーチャルオフィス利用が向いている人

バーチャルオフィスを契約した方がお得な人やメリットを受けられる人とはどんな人なのでしょうか。

それではバーチャルオフィスの利用が向いている人の特徴について解説します。

個人情報を公開せず保護したい方

フリーランスや小規模事業者は自宅で事業を行っていることも多いです。

そこでクライアント向けに自宅住所を公開する人もいますが、自宅の住所を公開することに不安を感じる人もいるでしょう。

そこでバーチャルオフィスで事業用の住所を持っておけば自宅の住所を公開する必要がなく、トラブルも防げます。

自宅での作業時間が多い方

自宅での作業時間が多く、オフィスが無くても自宅で事足りるという人もいるでしょう。

ただ、オフィス用の住所と自宅の住所ではクライアントからの信頼度が大きく変わります。

事業用の住所があればクライアントからの信頼を得やすく、仕事も獲得しやすくなるでしょう。

自宅で登記することができない方

大家からの許可が下りないなどの理由で自宅で登記ができないこともあるでしょう。

バーチャルオフィスなら登記も可能なので、自宅で登記ができない人も安心です。

バーチャルオフィスを選ぶ際の2つのポイント!

バーチャルオフィスを選ぶ際はどんな点に着目すれば良いのでしょうか。

バーチャルオフィスを選ぶ際に確認したい2つのポイントを紹介します。

料金設定や希望のサービスが揃っているか

まず確認したいのがサービス内容と料金です。

バーチャルオフィスの中にはサービスが充実しているゆえに料金が割高になっていることもよくあります。

人によっては便利かもしれませんが、無駄なサービスが多いせいで余計なお金を払うことになってしまうこともあるでしょう。

そのため、バーチャルオフィス選びの際は、必要なサービスと必要ないサービスを確認し、必要なサービスだけが揃っているプランを契約すると良いでしょう。

登記が可能かどうか

基本的にバーチャルオフィスは登記可能であることが多いですが、サービスによっては登記に対応していなかったり、登記のために追加料金を支払う必要があったりします。

そのため、契約前に登記に対応しているかどうかを確認しましょう。

バーチャルオフィスを契約するメリットとは?

バーチャルオフィスを契約するメリットは、

企業のブランディングができる点

が大きいです。

企業がある街のイメージによって企業の営業状態や取り扱う事業のイメージが大きく変わってきます。

例えば一等地なら基本的に地価が高いので、一等地の住所を使えば経営が安定しているというイメージを持たせられるでしょう。

また、渋谷は若者の文化が集まる街として知られており、渋谷にオフィスがあればファッションなど若者文化に精通している企業という演出もできます。

バーチャルオフィスは基本的に日本全国どこからでも契約可能です。

そのため、バーチャルオフィスを活用して企業のイメージに合った住所を公開することで、ユーザーからの信頼を得られるでしょう。

東京でバーチャルオフィスを契約するなら NAWABARI がお すすめ!

これまで上野エリアのバーチャルオフィスを紹介してきましたが、取り扱う業種や料金などによっては他のエリアも検討すると良いでしょう。

それでは東京都内でおすすめのバーチャルオフィスを紹介します。

NAWABARI

東京都内でおすすめするバーチャルオフィスが目黒区の住所を借りられるNAWABARIです。

月額1,000円程度でバーチャルオフィスを契約できるので、とにかく安さ重視で利用できるバーチャルオフィスをお探しの方にぴったりでしょう。

目黒区と言えば高級なお店が集まるスタイリッシュな街。

それ故にNAWABARIもアパレルや雑貨系のアイテムを取り扱う分野のフリーランスや小規模事業者から高い支持を獲得しています。

もちろんその他の業種の方に関しても安く利用できるのでおすすめです。

バーチャルオフィスで企業のイメージアップを狙おう!

バーチャルオフィスは自宅の住所を公開する必要が無くなるうえに、企業のブランディングもできるのが大きなメリットです。

台東区エリアは様々な規模・ジャンルの企業が集まる上野を中心にバーチャルオフィスが点在しているので活用してください。

また上野以外でもNAWABARIならスタイリッシュな街目黒の住所を格安料金で利用できます。

ぜひお得に利用できるNAWABARIも検討してみてください。