バーチャルオフィス

【東京】荒川区でおすすめのバーチャルオフィスを紹介!

荒川区バーチャルオフィスおすすめ

荒川区はどちらかと言うと下町というイメージの強いエリアです。

オフィス街とは真逆のイメージを持つエリアと言えますが、事業を行うにあたって荒川区の住所が欲しいということもあるでしょう。

そこでおすすめするのがバーチャルオフィスです。

ここでは荒川区のバーチャルオフィス事情やバーチャルオフィスを選ぶポイントなどについて解説します。

バーチャルオフィスお探しの方必見!

NAWABARIの詳細を見る

バーチャルオフィスとは

荒川区バーチャルオフィスおすすめ

バーチャルオフィスとは、文字通り「バーチャル(架空)のオフィス(事務所)」のことで、住所や電話番号等をレンタルできるサービスオフィスのひとつです。

バーチャルオフィスの基本的なサービスは、

  • 事業用の住所を利用することが出来る
  • 郵送物を受け取って転送してくれる
  • 電話番号やFAX番号の利用が出来る
  • 会議室を利用することが出来る

 となっており、これらを比較的安い金額で受けることが可能です。

荒川区バーチャルオフィスおすすめ

荒川区のイメージ

荒川区バーチャルオフィスおすすめ

荒川区は東京都の東側に位置する区です。

代表的な駅には日暮里や南千住などが挙げられ、静かな下町風情の残る住宅エリアとなっています。

昔は23区の中でも特に治安が悪いエリアと言われていた荒川区ですが、日暮里・南千住をはじめ都心へのアクセスが良くなり、再開発によって治安が改善されたこともあり、住みやすい街へと評価が変わりました。

お店に関しては流行り物を取り扱うような大型の商業施設は少なく、どちらかと言うと昔ながらのお店が多い人情のあふれる街と言えるでしょう。

そんな荒川区は、人口増加率が23区でも特に高いエリアとして2010年代後半頃から注目を浴びています。

その理由としては都心へのアクセスの良さに加えて物価の安さが挙げられるでしょう。

それ故に単身世帯から高い支持を獲得しています。

加えて元々荒川区は23区内でも自然が多く、広い公園も充実したエリアです。

そして南千住エリアの再開発をきっかけに子育て世帯向けのお店も増え、荒川区には単身世帯だけでなく子育て世帯も増えつつあります。

荒川区のバーチャルオフィスの状況

荒川区バーチャルオフィスおすすめ

荒川区は繊維業や金属加工業、印刷業など生活関連産業が中心となっている地域です。

そのためオフィスワークに携わる人は少なく、バーチャルオフィスやレンタルオフィス、コワーキングスペースも他の区と比べると数が限られていると言えます。

ただ、荒川区は日暮里や南千住エリアをはじめ、再開発に力を入れており、家賃・物価が安いことから単身者世帯が増えています。

それ故に今後フリーランスとして活躍する人からのバーチャルオフィスやレンタルオフィスなどの需要が高まることが期待できるでしょう。

荒川区でおすすめのバーチャルオフィス

荒川区バーチャルオフィスおすすめ

それでは荒川区内にある便利なバーチャルオフィスにはどの業者が挙げられるのでしょうか。

おすすめのバーチャルオフィスを紹介します。

加瀬のレンタルオフィス 東日暮里

加瀬のレンタルオフィス 東日暮里
バーチャルオフィス名加瀬のレンタルオフィス 東日暮里
住所東京都荒川区東日暮里4-27-11プラーズ東日暮里2 2~4階
営業時間(休日)9:00〜18:00、年中無休
月額2,200円
特徴加瀬のレンタルオフィスは一部店舗のみバーチャルオフィスを取り扱っており、東日暮里店も対象です。
住所貸しと郵便物の転送サービスが付いて毎月2,200円はバーチャルオフィスの中でもお得でしょう。
最小限のサービスのみで安く利用できるバーチャルオフィスをお探しの方におすすめです。
URLhttps://office.kasegroup.co.jp/build/010201.php

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

荒川区バーチャルオフィスおすすめ

バーチャルオフィスとレンタルオフィスのサービス内容を混同してしまう人も少なくありません。

それではバーチャルオフィスやレンタルオフィスの違いについて解説していきます。

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスとは

業者が契約している建物の住所を貸し出すサービス

です。

オフィスを借りるとなると数万円単位の費用が毎月発生してしまいますが、バーチャルオフィスの場合、オフィスの実体を持たずに住所だけを借りることができるので、月額数千円からと安価で利用できます。

それ故に、オフィスは必要ないけれども事業用の住所が欲しい方などからの需要が高いです。

ちなみに士業など実体のある拠点で事業を営まなければいけない業種を除いて、バーチャルオフィスは登記にも対応しています。

バーチャルオフィスには登記もプランに組み込まれていることが多いです。

レンタルオフィスとは

レンタルオフィスとは

オフィス空間を貸し出すサービスのこと

を言います。

広さに関しては1人〜2人用、広めでも3人用程度の広さのものが中心となっています。

月額料金を支払うだけで机や椅子、インターネット環境などが整った空間を借りられるのがレンタルオフィスの特徴です。

バーチャルオフィスと比べるとオフィス空間が実在する分高額にはなりますが、それでもレンタルオフィスは駅から近いなどといった一等地に多いですし、オフィス用品が最初から揃っているので自分で1からオフィスを用意するよりも初期費用を安く抑えられます。

広さのこともあり、レンタルオフィスは作業場所が欲しいフリーランスや、少人数で立ち上げたスタートアップ企業からの需要があります。

バーチャルオフィス・レンタルオフィスと混同されやすいオフィス形態とは

オフィスの運営形態はバーチャルオフィス・レンタルオフィスだけではありません。

ただ中にはこれらと運営形態が似ているものもあるので、違いをよく理解したうえで比較検討する必要があるでしょう。

バーチャルオフィス・レンタルオフィス以外のオフィスの運営形態として挙げられるのがコワーキングスペースと賃貸オフィスです。

コワーキングスペースは

フリーランスなど場所の縛りが無い人が働く空間をコンセプトにしたサービス

を言います。

座席に関しては追加料金を払えば自分専用の座席を確保できるサービスも多いですが、基本的にはフリーアドレス制となっています。

加えてコワーキングスペースは作業をするための場所をコンセプトとしているサービスなので、登記にも対応していないことが多いです。

したがって、公開できる住所は必要ないけれどもカフェ以外に作業ができる場所が欲しい方に適したサービスと言えるでしょう。

賃貸オフィスは不動産会社が管理しているオフィスビルなどの空間を貸し出すサービスを言います。

賃貸オフィスマンションなどと同じようにあくまで事業を営むための空間を貸し出すものなので、机や椅子などのオフィス用品は基本的に自分で用意することになります。

また不動産会社が管理する賃貸物件であるため、賃貸オフィスは基本的に毎月の賃料の他に契約時に保証金が必要です。

広さに関しては、1人用のスペースから100人以上を収容できる大規模なオフィスまで様々な広さのオフィスが存在します。

賃貸オフィスは初期費用がかかるので、起業して間もない企業にとってはやや利用のハードルが高いかもしれません。

まずはレンタルオフィスやバーチャルオフィスで事業を行い、事業規模が大きくなってきたら賃貸オフィスに切り替えると良いでしょう。

荒川区バーチャルオフィスおすすめ

バーチャルオフィスが向いている人

荒川区バーチャルオフィスおすすめ

個人情報を公開したくない方

自宅の住所をビジネスに利用してしまうと、情報の漏洩やトラブルに巻き込まれる可能性が出てきてしまいます。

そういったトラブルに巻き込まれたくない方は、バーチャルオフィスを活用するといいでしょう。

住所はもちろん専用の電話番号も取得できる会社もあるので、プライバシーはしっかり確保できます。

自宅での作業が多い方

家での作業が多い方は、バーチャルオフィスと相性がいいです。

名刺にもバーチャルオフィスの住所が記載できるので、仕事とプライベートを分けることもしやすくなるでしょう。

自宅で登記ができない方

自宅が賃貸物件の場合や親と同居している場合などでは、自宅で登記することができない可能性があります。

そういった状況にある方は、バーチャルオフィスを利用するのがおすすめです。

バーチャルオフィスの住所なら、事業者や会社の所在地として登記できます。

バーチャルオフィスを選ぶ際のポイント!

荒川区バーチャルオフィスおすすめ

バーチャルオフィスを選ぶ際には、気を付けなければならないポイントがいくつかあります。

ここではそのポイントについて解説していきます。

料金設定や必要なサービスはそろっているか

まず一番に確認すべきポイントは、料金設定についてです。

バーチャルオフィスにかかる費用は月額費用だけではありません。

業者によりますが月額費用を安く見せて、入会金・保証金・テナント総合保険を要求してくるところもあります。

合計した料金が、自分の目的と一致しているかは考えておくべきポイントでしょう。

サービス内容は必要なものが揃っているか 自分が必要としているものが、サービス内容にしっかり含まれているか確認しておきましょう。

プランによっては住所の貸し出しのみの場合もあるので、注意が必要です。

登記ができるかどうか

郵便は受け取れたり住所をHPに記載は出来るが、「実は登記が出来ない」というバーチャルオフィスも多くあります。

都心の一等地で住所を借りても、登記ができなければ法人として事業ができないので、契約の際にはしっかり確認をしましょう。

バーチャルオフィスを契約するメリット

荒川区バーチャルオフィスおすすめ

バーチャルオフィスのメリットは、なんといってもサービス対費用が安価であることです。

社会的に信頼性のある都心一等地の住所を利用でき、セキュリティ面も安全で、法人登記までできて、月額1,000~10,000円程度で利用できます。

 実際にオフィスを契約する場合と比較すると、コストを1/10以下にすることも可能でしょう 。

また、都内の一等地の住所にオフィスを構えるには料金以外にも時間がかなりかかりますが、バーチャルオフィスは手続きも簡単な為、思い立ったら即日行動出来るのも魅力ですね。

バーチャルオフィスなら日本全国どこでも契約可能!(都外のみ)

荒川区バーチャルオフィスおすすめ

ビジネスをする上で活動拠点や登記する住所をどの都道府県にするかは大事な問題です。

そんな中でもおすすめはやはり都内になります。

東京都には数多くの企業が拠点を置いていて、一番信頼性が高いと言われています。

しかし開業して間もない会社や個人事業主にとって、都内の一等地に事務所を構えることは困難ですが、バーチャルオフィスであれば、比較的簡単に東京都内一等地の住所を借りられます。

 また、地方に住んでいても事務所として登録する住所は、自分の住んでいる地域でなくても問題ありません。

 逆に事務所の所在地を東京の一等地に変えるとクライアントや顧客に安心感を与えることができるため、ビジネスにおける場所の優位性を確保できる可能性が高いでしょう。

荒川区以外でバーチャルオフィスを選ぶならNAWABARIがおすすめ!

荒川区バーチャルオフィスおすすめ

東京で安くて良質なバーチャルオフィスを選ぶなら、NAWABARIがおすすめです。

レンタル住所東京都目黒区
初期費用0円 月額料金 1,100円/月
サービス内容住所貸し、法人登記、電話代行&転送、郵便物受取&転送
運営株式会社Lucci
URLhttps://nawabari.net/

NAWABARIは、EC事業者とインフルエンサーに特に選ばれているサービスです。

 BASEや17LIVEをはじめとした多くのプラットフォームへサービスを提供しており、業界唯一のPマーク取得企業です。

管理画面にて届いた郵便物を写真で確認することができるため、テレワークで事務所が不要となった企業にも人気です。

 最近ではインフルエンサーの方のお申込みが増加しており、セキュリティ強化のため、金属探知機を利用したGPSストーカー被害の防磁にも取り組んでおります。

 法人登記可能な住所の貸し出し、銀行口座開設紹介なども付いて月額1,100円からという業界最安値水準の価格も強みです。

バーチャルオフィスお探しの方必見!

NAWABARIの詳細を見る

好きな土地のバーチャルオフィスを借りて事業のブランディングをしよう!

荒川区は下町風情が残る街で、IT分野など拠点を持たずに働ける業種に携わる人が少ないエリアです。

そのためバーチャルオフィスの数も限られています。

そんな場合、他のエリアのバーチャルオフィスを借りてブランディングを行うのも一つの手です。

NAWABARIは目黒区の住所をお手頃価格で借りられます。

ぜひ事業にオシャレな印象を持たせたいなどと思っている場合は、荒川区内のバーチャルオフィスだけでなくNAWABARIも検討してください。

バーチャルオフィスお探しの方必見!

NAWABARIの詳細を見る