おすすめ

千葉の格安おすすめなバーチャルオフィス 6 選!相場も紹介!

自宅で事業を行う人が多くなり、よく利用されるようになったのがバーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスは住所貸しなどを行っているサービスで、自宅で働きながら別の場所に住所を持つことができるということで、起業や副業をする人達に人気になっています。

今回は千葉にあるおすすめのバーチャルオフィスや、料金相場、利用する目的などについて解説していきます。

千葉でおすすめのバーチャルオフィス6選

リージャス 千葉大栄ビルビジネスセンター

バーチャルオフィス名リージャス 千葉大栄ビルビジネスセンター
住所〒260-0015 千葉県千葉市富士見1-14-13 千葉大栄ビル8F
営業時間(休日)08:30~18:00 土・日・祝日、年末年始
月額要問い合わせ
特徴千葉駅東口から徒歩5分、メインストリート沿いにあるアクセス性に優れたバーチャルオフィスです。
オフィス周辺は商業が集中するエリアで、ビジネスエリアとしても知られる場所です。
業種や業態を問わず、オフィスを構えるのに最適な立地と言えるでしょう。
URLhttps://www.regus-office.jp/area-serch/chiba-area/chiba-station/

Karigo バーチャルオフィス千葉

バーチャルオフィス名Karigo バーチャルオフィス千葉
住所〒260-0015 千葉県千葉市中央区
営業時間(休日)24時間 無休
月額3,300円
特徴千葉駅から徒歩5分とアクセス性がよく、百貨店やコンビニ、飲食店などが充実した周辺環境にも恵まれた立地のバーチャルオフィスです。
ホワイトプランやブループランなどいくつかプランがあり、安いプランであれば月額3,300円から利用できます。
URLhttps://karigo.net/tenpo/chiba/

チコルワーク

バーチャルオフィス名チコルワーク
住所〒277-0871 千葉千葉県柏市若柴178番地4 柏の葉キャンパス148街区1 パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワーウェスト3F
営業時間(休日)9:00~20:00 なし
月額5,000円~
特徴TX柏の葉キャンパス駅から徒歩3分、ららぽーと柏の葉直結というアクセス性に優れた立地のバーチャルオフィスです。
千葉県の大都市柏市の住所で登記ができる、魅力的なバーチャルオフィスです。
保育園や会員制病児保育など、子育て関連施設が隣接しており、働きながら子育てをしている人にも人気があります。
URLhttps://cicol.jp/work/

オフィスジャパン

バーチャルオフィス名オフィスジャパン
住所〒271-0091 千葉県松戸市本町
営業時間(休日)24時間
月額10,000円~
特徴住所貸しだけではなく、電話番号貸しやFAX番号貸し、電話代行など様々なサービスを提供しているバーチャルオフィスです。
千葉県内の人気エリアに住所を持てるだけではなく、業務を行う上で役立つ様々なサポートを受けられるのは大きなメリットになります。
URLhttps://www.officejapan.tv/branch/matsudo.html

幕張ビジネスポート

バーチャルオフィス名幕張ビジネスポート
住所〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンCB棟3階
営業時間(休日)9:00~17:30 土日祝日
月額9,500円~
特徴シンプル、スタンダード、ビジネスというプランが用意されており、月額9,500円から利用できます。
電話番号の転送や代表番号FAX、郵便物の転送などのオプションがあり、予算に合わせて自分にあったプランを選択できるのが魅力です。
URLhttps://www.mtg-mbp.co.jp/office_makuhari/

デジラボ

バーチャルオフィス名デジラボ
住所〒271-0091 千葉県松戸市本町17-11 芹澤ビル6F
営業時間(休日)平日:9:30~21:00 土日祝:10:00~20:00 休日なし
月額3,960円~
特徴住所利用や専用電話番号の取得など、ノマドに機能する便利なバーチャルオフィスです。
住所を借りられるだけではなく、来客の対応やミーティングが必要になった時のスペース利用など、リアルで業務を行う際に便利なサービスも充実しています。
URLhttps://s.dilabo.jp/

バーチャルオフィスの相場は?

バーチャルオフィスの相場はエリアによって変わりますが、おおよそ月額5,000円程度です。

ただし、バーチャルオフィスの中には住所貸しだけではなく、電話代行やレンタルオフィスの貸し出しなどを行っているサービスがあるため、オプションを付けると相場より高くなります。

また、知名度が高い人気エリアにあるバーチャルオフィスは、月額料金が高くなる傾向があります。

バーチャルオフィスを利用する目的とは?

自宅住所を公開しないため

バーチャルオフィスを利用する大きなメリットになるのが、自宅の住所を公開せずに済むということです。

副業などで自宅で仕事をすることになった場合、事務所の住所を公開する必要がありますが、プライバシーの面などを考えて個人的な住所は公開したくないというケースが多いです。

そういう時にバーチャルオフィスを利用すれば、自宅ではなくバーチャルオフィスの住所を事務所の住所として公開できるため、個人情報が漏れてしまう心配がありません。

起業時に登記を行うため

起業して会社を設立する時は、法人登記が必要になります。

法律で法人登記が義務付けられているため、登記をせずに会社を設立することはできません。

バーチャルオフィスは、法人登記することも可能です。

法人登記する際には本店所在地に関して特に制限があるわけではないため、自宅ではなくバーチャルオフィスの住所で登記の手続きをしても問題ありません。

都心部一等地の住所でブランディングするため

ブランディングのために、バーチャルオフィスを利用するケースも多いです。

起業をする上で、どこの住所に事務所を構えるかは非常に重要なポイントになります。

誰も知らないような住所に事務所があると、顧客から信用を得にくくなるためです。

逆に都心部の一等地が住所になっていれば、「このエリアに事務所がある会社なら信用できそう」と思う人も多くなるでしょう。

しかし、都心部の一等地でオフィスを借りるのは大変です。

人気エリアはオフィスの空きが少ないですし、借りる時にかなりの費用がかかります。

その点バーチャルオフィスであれば、住所を借りるだけなので、都心の一等地であっても月額料金はそれほど高くありません。

起業する時や副業を始める時、バーチャルオフィスを利用して人気エリアの住所を持つというのは、ブランディングとして有効的な方法と言えるでしょう。

バーチャルオフィスは全国どこでも登録可能!

バーチャルオフィスを借りる時は、どこに住んでいても問題ありません。

例えば静岡県や群馬県などに住んでいる人が、東京都や千葉県内の人気エリアにあるバーチャルオフィスに登録することもできます。

バーチャルオフィスというのは、基本的に住所を借りるサービスなので、オフィスに毎日通う必要はありません。

事務所の住所は登録したバーチャルオフィスにしておき、業務自体は自宅で行うということも可能です。

わざわざ引っ越しをしなくても、全国各地にある人気エリアに住所を持てるというのがバーチャルオフィスの大きな魅力です。

田舎に住みながら、都心にある人気エリアに事務所を構えることも可能なので、自宅で副業を始める人達に人気になっています。

東京のおすすめバーチャルオフィス!

NAWABARI

様々なバーチャルオフィスがありますが、起業する人や副業を始める人に人気になっているのがNAWABARIです。

NAWABARIは、17LIVEやBASEなど様々なプラットフォームにサービスを提供しているということで、特にインフルエンサーやEC事業者に人気があります。

業界最安値水準の料金も魅力です。

月額980円からという利用しやすい料金設定で、法人登記可能な住所の貸し出しだけではなく、銀行口座開設紹介などのサービスも付いています。

バーチャルオフィスに届いた郵便物は、管理画面から写真で確認することができるため、事務所を持たずにテレワークを行っている企業にも人気です。

業界唯一のPマーク取得企業というのも、安心できるポイントでしょう。

バーチャルオフィス選びに迷った時はNAWABARI!

法人登記ができる、低料金で人気エリアに住所を持てるなどの理由で人気になっているのが、バーチャルオフィスです。

都心の一等地に事務所を構えたいけれど予算が足りない、自宅の住所を公開したくない、そういう人達に人気になっています。

もしバーチャルオフィス選びに困っているのであれば、業界最安値の料金で手軽に住所を持てる、NAWABARIを利用してみてはいかがでしょうか。