バーチャルオフィス

【地方起業成功事例】田舎起業のメリット・デメリット・成功のポイントを徹底紹介!

田舎 ビジネス 成功例

起業を考えている人が、準備を進めていく中で「場所」というのは重要なポイントです。

一般的には、ビジネスチャンスを掴みやすいという理由で、都会を選ぶ起業家が多いでしょう。

しかし、地方で起業をしても成功できる可能性はあります。

今回の記事では、地方起業の成功例とともに、地方起業のメリット・デメリットや成功のポイント、地方起業に役立つバーチャルオフィスの情報を紹介します。

バーチャルオフィスお探しの方必見!

NAWABARIの詳細を見る

地方起業の成功例

田舎 ビジネス 成功例

地方起業の成功例を知れば、地方にもビジネスチャンスがあるということがわかるでしょう。

そこで最初に紹介するのが、株式会社パンクチュアルです。

株式会社パンクチュアルは、2020年に元須崎市市役所職員であった守時健さんが立ち上げた会社です。

市役所職員だった守時さんは、ゆるキャラグランプリ2016で見事1位を獲得した「しんじょう君」の生みの親です。

守時さんはSNSなどを通じて須崎市と「しんじょう君」をアピールし、全国的な人気者へと押し上げました。

その守時さんが、市役所を辞めたあとに設立した株式会社パンクチュアルですが、須崎市から「しんじょう君」の運営管理を委託されています。

また、「しんじょう君」で培った地方創生のノウハウを求めて、よその自治体がふるさと納税事業やゆるキャラの運営などを株式会社パンクチュアルに委託するようになりました。

衰退する地方を活気づける救世主として、株式会社パンクチュアルは期待されています。

他にも地方起業で成功した例には、青森のたびすけ(合同会社西谷)という旅行会社があります。

たびすけは、ガイドブックに載っている定番の観光スポットを案内するのではなく、地元の人しか知らないようなディープな観光スポットを周るツアーを取り扱っています。

例えば、青森にとってネガティブなイメージでしかない平均寿命の短さを生かして、短命県体験ツアーという旅行商品を扱ったこともあります。

地方の日常に潜むニッチな面白さを発見できる旅行会社の成功は、地方起業を考える人にとって大いに参考になるでしょう。

田舎 ビジネス 成功例

地方起業のメリットとデメリット

田舎 ビジネス 成功例メリットとデメリット

メリット

地方起業のメリットは、物価が安いのでオフィスの賃料や人件費などを安く抑えられるという点が挙げられます。

起業を考えているけれども、初期費用や維持費用が支払えないと諦める人もいます。

地方で諸々の費用が安くなることで、初期費用やランニングコストの負担が軽くなるのであれば起業に挑戦しやすくなるでしょう。

あとは、都会に比べて競合が少ないというのもメリットです。

競合が多いと、熾烈な競争を勝ち抜かなければ仕事を得ることができません。

それに対して競合が少なければ、仕事を獲得しやすくなります。

安定して仕事を獲得できれば、収入の心配をせずに済むでしょう。

デメリット

地方起業のデメリットは、市場もニーズも小さいことになります。

市場が小さければ、事業が軌道に乗っても都会ほど稼げない可能性があります。

またニーズが小さければ、事業者が少なくても供給が足りてしまうので人脈や信用がないと仕事を獲得できません。

報酬も都会と比べたら安くなるので仕事を獲得できても、採算が取れないこともありえます。

デメリットには他にも、地方は人が少なく知識や技術を持っている人ほど都会にでていることが挙げられます。

そういう状況では、求人を出しても応募がなかったり、応募があっても期待するレベルの人材ではない可能性が高いです。

新しい情報が入手しにくいというのも、地方ならではのデメリットです。

都会に比べて事業者同士の交流が盛んでなかったり、最新技術が遅れて普及したりします。

そのため、ビジネスチャンスにつながるような人脈を構築できない、最新技術を用いた新規事業を始めることができない、などの問題が生じやすくなります。

地方起業を考えるならば、新しい情報を常に仕入れられる方法を考えておかなければいけないでしょう。

地方起業を成功させるポイント

田舎 ビジネス 成功例

競合が少ない地域で起業する

地方起業のメリットである競合が少ないことを、存分に活かしたいのであれば競合がより少ない地域を選ぶのは当然のことです。

候補となる土地に拠点を構える事業者の中で、同じような事業をやっているところがどれだけあるのかを調べてみましょう。

しかし、競合がほとんどいないときは、ニーズがないということでビジネスが成立しない地域という可能性もあります。

下調べもせずに起業をすると失敗することになるので、ニーズの有無も調べなければいけません。

助成金や補助金をもらえる自治体を確認する

地方では、自治体のスタートアップ支援で助成金や補助金がもらえる地域もあります。

助成金・補助金があれば、事業が軌道に乗るまでの期間に資金不足となる可能性を減らせます。

助成金・補助金をもらいたいのであれば、事業内容等が対象となりえるのか、金額がいくらなのかをよく調べてみましょう。

助成金・補助金の中には、事業に関する報告書を何年も提出しなければいけないものもあるので注意しなければいけません。

また、支給のタイミングも助成金・補助金によって異なるので、必要なときに支援を受けられるのかも確認しておくべきことです。

ランニングコストを抑える

都会と比べて物価が安い地方でも、事業を成功させたいのであればランニングコストを抑える工夫は必要です。

ランニングコストを抑える方法としては、ITツールを積極的に用いて作業の効率化を図り人件費を削る、賃料の安いオフィスを探すなどの方法があります。

しかし、削る必要のないランニングコストまで削ると、作業効率を下げることになるので気をつけなければいけません。

地方起業するにはバーチャルオフィスがおすすめ

田舎 ビジネス 成功例バーチャルオフィス

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは、建物の中に作業スペースを設けている賃貸オフィスとは違い、住所だけを借りるサービスです。

バーチャルオフィスで借りた住所は、法人登記やWEBサイト等の表記に使うことを目的としています。

自宅や客先、コワーキングスペースなど、オフィスがなくても作業ができる環境にある事業者が利用をします。

借りた住所宛てに届いた郵便物や宅配物については、サービス事業者が代わりに受け取って保管したり利用者の住所に転送したりするバーチャルオフィスもあります。

地方起業にバーチャルオフィスがおすすめな理由

地方起業でバーチャルオフィスがおすすめな理由は、料金の安さと自宅の住所を公開せずに済む安心感です。

一般的な賃貸オフィスの賃料ならば月に数万円から数十万円もかかるところ、バーチャルオフィスの料金は月に数千円から数万円で済みます。

起業したばかりで、十分な収入がない時期であればバーチャルオフィスでコスト削減を図ることで、経営が安定しやすくなるでしょう。

また、自宅の住所を公開せずに済む安心感というのは、事業に関するトラブルが発生したときにプライベートを守れることを意味します。

トラブルが発生したとき、相手によっては昼夜を問わず電話がかかってきたり自宅に押しかけられたりすることもあるので用心するに越したことはありません。

バーチャルオフィスを選ぶ際に注意すべきこと

バーチャルオフィスを選ぶときの注意点ですが、最低契約期間がどうなっているのか、郵便物や宅配便の受け取りに関する規定はどうなっているのかということを確認しておきましょう。

最低契約期間は、廃業したり賃貸オフィスに乗り換えるときに問題になります。

最低契約期間中は解約できないとしたら、必要がなくても料金を支払うことになるでしょう。

郵便物や宅配便の受け取りについては、転送のタイミングなどが遅れることで支払いに遅れたり契約を逃したりすることがあるので気をつけなければいけません。

急ぐときには取りに行くことができるのか、速達で転送をしてくれるのかといったことも確認しましょう。

バーチャルオフィスは全国どこでも契約可能!

田舎 ビジネス 成功例

バーチャルオフィスは、全国どこでも契約ができます。

申込み人が地方にいたとしても、問題はありません。

住所を借りるだけなので、賃貸オフィスのように物件の下見をする必要はなく、ネット上ですべての手続を行えます。

地方にいながら、都会に営業所をつくることも可能です。

地方起業を考えている人にとって、大きな助けとなるサービスと言えるでしょう。

田舎 ビジネス 成功例

地方起業におすすめなバーチャルオフィス 3 選!

NAWABARI

NAWABARI

EC業界関係者からの評価が高く、月額980円(税込1,078円)からという業界最安値水準でサービスを提供するのがNAWABARIです。

実際に店舗がある住所を、法人登記や「特定商取引法に基づく表記」に使えます。

最低利用期間は1ヶ月と短いので、何らかの理由で解約するときにも待たされる事はありません。

バーチャルオフィスお探しの方必見!

NAWABARIの詳細を見る

ナレッジソサエティ

ナレッジソサエティ

ナレッジソサエティは、東京都千代田区の九段下駅そばにある銀行所有のビルを住所利用できるバーチャルオフィスです。

一等地の住所を使うことができれば、金融機関や取引先からの信用は大いに高まるでしょう。

千代田区の賃貸オフィスであれば多額の賃料を支払うところを、ナレッジソサエティならば月額4950円で利用できます。

リージャス

リージャス バーチャルオフィス

リージャスは、全国各地の一等地にある住所を借りられるバーチャルオフィスです。

4つのプランから利用状況に合ったものを選べるので、効果的なコスト削減を図れるでしょう。

プランによっては個室オフィスを借りられますし、充実したサービスが用意されているビジネスラウンジの利用も可能です。

まとめ

都会に比べて不利だと思われている地方起業でも、成功した事例はいくつもあります。

地方起業を考えているならば、そういった成功事例を学びつつ、デメリットについても十分に確認しておきましょう。

起業の準備を進めていくときには、コスト削減のためにバーチャルオフィスの利用をおすすめします。

業界最安値水準のNAWABARIならば、安く手軽に東京の住所を借りることができるのでWEBサイトから申し込んでみましょう。

バーチャルオフィスお探しの方必見!

NAWABARIの詳細を見る

バーチャルオフィスを利用して地方起業に挑戦する

地方ベンチャーの成功例?

地方ならではの強みを活かし、ビジネスチャンスを掴むことができた地方ベンチャーでも成功例は多々あります。

起業家の成功例は?

起業家の成功例を見ると、豊富な経験とスキルを持っている人、コミュニケーション能力が高い人ほど地方でも成功する可能性が高いことがわかります。

また、地方ならではの特産物や観光などに強い興味を持ち、自治体や地元住民とつながることで協力を得られたら成功の可能性が高まるでしょう。

起業するなら何系?

場所を問わずできるプログラマーやシステムエンジニアなどのIT系は、地方での起業に向いています。

他には、田舎の食材を生かして飲食業を始めたい人もいますが、ただの飲食店だと需要が少なくて廃業する恐れがあります。

デリバリーや健康食など、田舎の客層に合わせた飲食店であれば成功しやすいでしょう。