コワーキングスペース

サービスオフィスとは?シェアオフィスやバーチャルオフィスとの違いを分かりやすく解説

サービスオフィスとは?シェアオフィスやバーチャルオフィスとの違いを分かりやすく解説

インターネットの普及やコロナ渦の影響で、ますます多様化しているオフィスのあり方。

従来の賃貸オフィスではなく、新たなオフィスの形として注目されているのが「サービスオフィス」です。

サービスオフィスは、ハイクオリティなオフィス環境を、比較的安価に利用することが出来るため、需要が高まっているオフィスのひとつ。

今回は、サービスオフィスとは何か、シェアオフィスやバーチャルオフィスとの違いは何かを、わかりやすく解説いたします。

サービスオフィスとは?

サービスオフィスとは

サービスオフィスとは、

ビジネスに必要な机や電話などのオフィス家具や、インターネット等の通信設備が完備されているオフィス

のことです。

賃貸オフィスを契約した場合、オフィス家具や通信設備などは一から手配する必要があります。

ですが、サービスオフィスは全て備えてあるため、手軽にビジネスをスタートすることが可能です。

使用するオフィス自体は個室である場合が多く、施設内には会議室やミーティングスペース、ラウンジや受付などが供えられていることも。

充実したビジネスサポートを受けることが出来る点もサービスオフィスの大きな特徴といえますね。

サービスオフィスとシェアオフィスなど他レンタルオフィスとの違いは?

サービスオフィスとシェアオフィスなど他レンタルオフィスとの違いは?

サービスオフィスがどんなオフィスなのかご理解いただけましたでしょうか?

それでは、サービスオフィスとシェアオフィスなど他のレンタルオフィスとの違いについてご紹介します。

  個室 設備 料金 スタッフ常駐 セキュリティ 長期/短期 手軽さ
サービスオフィス 長期/短期
バーチャルオフィス × 長期/短期
シェアオフィス 共用 × 長期/短期
コワーキングスペース 共用 × 長期/短期
レンタルオフィス × × × 長期 ×
インキュベーションオフィス × 短期 ×

サービスオフィスの特徴

サービスオフィスの特徴

サービスオフィスの最大の特徴は、

  • 個室が利用できる
  • 設備が利用できる
  • ビジネスサポートが受けられる
  • 安心セキュリティ
  • 長期契約も短期契約も可能
  • 料金が割高

という点です。

料金については、バーチャルオフィスやシェアオフィスなどと比較すると、月額料金が高い傾向にあります。

その為、バーチャルオフィス等と比較した場合、手軽さの面ではマイナスとなります。

サービスオフィスは、個室のワーキングスペースを確保したい方に向いているオフィス形態です。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスの最大の特徴は、

  • 都心一等地の住所を利用できる
  • 設備が利用できる
  • ビジネスサポートが受けられる
  • 月額費用が安価である
  • 安心セキュリティ
  • 長期契約も短期契約も可能
  • 手軽にスタート可能

という点です。

バーチャルオフィスは「住所」や「電話番号」をレンタル出来るオフィス形態のことで、サービスオフィスのような個室はありません。

これからネットショップの起業を考えている方などに、オススメのオフィス形態です。

シェアオフィス

シェアオフィスの最大の特徴は、

  • ワークスペースが基本的に共用
  • 様々な業種と交流できる
  • 設備が利用できる
  • サービスオフィスよりも安価である
  • セキュリティが弱い

という点です。

オープンスペースに様々な業種が集まるため、交流を重視している方にはおススメのサービスですが、セキュリティ面はあまり特化しているとは言えません。

多業種交流を目的としている、ネットワーキングに注力したい方に向いているオフィス形態です。

コワーキングスペース

コワーキングスペース

コワーキングスペースの最大の特徴は、

  • ワークスペースが基本的に共用
  • 様々な業種と交流できる
  • 設備が利用できる
  • サービスオフィスよりも安価である
  • セキュリティが弱い

という点です。

シェアオフィスとコワーキングスペースは明確に区別する定義がなく、運営元によって異なります。

あえて言うならば、シェアオフィスとの違いは、

  • 月額料金を支払う定額制があること
  • 使用した時間の利用料を支払うドロップイン

があることです。

シェアオフィスよりも利用頻度が少ない人に、おススメできるオフィススタイルですね。

レンタルオフィス

レンタルオフィス

レンタルオフィスとは、いわゆる「貸事務所」の総称です。

レンタルオフィスの特徴は、

  • 個室が利用できる
  • 設備が利用できる
  • 安心セキュリティ
  • 長期契約も短期契約も可能
  • 料金が割高

という点です。

サービスオフィスと似ていますが、サービスオフィスとは異なる点は、受付サポートなどのサービスがないことです。

レンタルスペースは必要だけど受付などのサポートは不要、という方におススメのオフィススタイルです。

インキュベーションオフィス

インキュベーションオフィス

インキュベーションオフィスとは、これから起業しようとしている人をサポートするためのオフィススタイルです。

インキュベーションオフィスの特徴は、

  • 公的機関が関与している場合が多い
  • 短期利用のみ
  • コンサルティングなどの専門家のアドバイスが受けられる
  • 設備が利用できる
  • 個室が利用できる
  • 安心セキュリティ
  • 月額料金が高額
  • 審査が厳しい

という点です。

レンタルオフィスなどと比較するとインキュベーションオフィスが審査が厳しく、手軽に始めることはできません

しかしこれから起業する方は、専門家からアドバイス等を聞けるため、とても有効なオフィススタイルといえるでしょう。

サービスオフィスのメリットとデメリットは?

サービスオフィスのメリットとデメリットは?

ここまで、様々なオフィススタイルとサービスオフィスの違いについてご理解いただけたかと思います。

次に、サービスオフィスのメリットとデメリットについてご紹介します。

サービスオフィスのメリット

サービスオフィスのメリット

サービスオフィスは入居する際に「入会金」のコストがかかりますが、賃貸オフィスで発生する「敷金礼金」や「不動産仲介手数料」などのコストがかかりません

また、ビジネスに必要な機器や設備が完備されているため、一から揃えるコストも削減可能です。

受付などのスタッフサポートも有しているため、行き届いたサービスを受けることが可能。

さらに個室ですので、セキュリティ面でも安心して利用可能となっています。

サービスオフィスのデメリット

サービスオフィスのデメリット

個室が利用でき、設備も充実している為、サービスオフィスの月額料金は比較的高額となっています。

また個室利用可能ではありますが、内装の変更は不可となっている為、リフォーム会社など内装にこだわりをもつ業種には不向きと言えるでしょう。

サービスオフィスが向いている業種や企業は?

サービスオフィスが向いている業種や企業は?

サービスオフィスのメリットデメリットが判明したところで、サービスオフィスに向いている業種や起業をご紹介します。

サービスオフィスに向いてる業種

サービスオフィスに向いている業種は、

  • 宅地建物取引業
  • 弁護士
  • 税理士

などの業種が向いています。

サービスオフィスは設備が完備されおり、受付や会議室などの利用も可能な為、来客が多い業種におススメです。

特に士業はお客様の第一印象も非常に重視されるため、受付のあるレンタルオフィスは便利ですね。

サービスオフィスに向いてる企業

サービスオフィスに向いてる業種

サービスオフィスに向いている企業は、

  • 費用を抑えて条件のいい住所にオフィスを構えたい企業
  • テレワークに注力したい企業
  • 社員の人数に対応したオフィスにしたい中小企業

などが、サービスオフィスに向いている企業といえます。

サービスオフィスは、出来るだけコストを抑え、良質なオフィス環境を利用したい企業に向いています。

サービスオフィスは賃貸オフィスに比べ初期費用を抑えることが可能であり、また設備も整っているため、手間やコストの削減も可能です。

費用を抑えたいならバーチャルオフィスがおすすめ!

費用を抑えたいならバーチャルオフィスがおすすめ!

様々なスタイルのオフィスをご紹介しましたが、「住所」や「電話番号」が必要で、個室などのパーソナルスペースは不要、という方には、バーチャルオフィスがオススメです。

バーチャルオフィスは都心一等地の住所が利用できるだけではなく、会議室やミーティングスペースなどの利用も可能。

しかもサービスオフィスやレンタルオフィスと比較すると、かなり費用が抑えられるのも嬉しいポイントですね。

サービス面だけではなくセキュリティもしっかりしていますので、バーチャルオフィスは安心して利用することが出来ます。

費用を抑えたいなら、バーチャルオフィスはオススメです。

まとめ

今回は、サービスオフィスとは何か、シェアオフィスやバーチャルオフィスとの違いは何かを、わかりやすく解説いたしました。

サービスオフィスは、基本的に個室が利用でき、オフィス機器などの設備や受付などのサポートも受けられるオフィススタイルです。

しかしサービスオフィスは割高であるため、手軽に始めにくいというデメリットがあります。

個室は不要で、都内一等地の住所や電話の利用を考えている方には、低コストで始められるバーチャルオフィスがおすすめです。

当バーチャルオフィスNAWABARIのご利用を、是非ご検討ください。

RELATED POST