副業

【2023最新版】フリーランスの在宅仕事24選!未経験向けや注意点も解説!

「フリーランスの在宅仕事でおすすめを知りたい」
「在宅でフリーランスを始める場合の注意点やデメリットが知りたい」

このような疑問をお持ちではないでしょうか?

在宅でフリーランスを始める場合は、税金の知識を身に付ける必要があります。

また、フリーランスは、安定した収入がないのがデメリットです。

この記事では、未経験でフリーランスになりたい方におすすめの職種24選や未経験フリーランスのよくある質問を詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてください。

ECサイトの運営や名刺に住所を載せたくないと考えている方は、バーチャルオフィス「NAWABARI」をご検討ください。

NAWABARIは、月額1,100円から始められて、郵便物転送や電話要件などさまざまなサービスを活用できます。

バーチャルオフィスNAWABARI
  1. 費用は月額1,100円から利用可能
  2. 多くの企業がNAWABARIを選んでいる実績がある
  3. 電話要件や郵便物受け取りサービスを利用できる

少しでも気になる方は、下記のリンクをチェックしてみましょう

未経験でも在宅フリーランスになるには?在宅で仕事を始める際の2つの方法を紹介

フリーランス 仕事 在宅 始める方法

まずは、在宅で仕事を始める方法を2つ紹介します。

未経験で知識や経験がない場合は、個人で事業を始めるよりも業務委託がおすすめです。

それでは、詳しく見ていきましょう。

業務委託で仕事を請ける

フリーランスとして仕事を始める方法には、業務委託で企業と契約を結ぶ必要があります

業務委託は、以下の2種類に分類されます。

  • 請負契約書
  • 委任契約書

請負契約書とは、成果報酬型の契約です。

具体的に、Webライターや動画編集者などが一般的に該当します。

委任契約書とは、時間報酬型の契約です。

アルバイトのように働いた時間によって、報酬が変わるため委任契約書の方がイメージしやすいでしょう。

フリーランスとして仕事を始めるためには、自分のスキルや興味に基づいて仕事を探し、業務委託契約を結ぶのが基本です。

個人で事業を始める

自分自身で事業を開始することで、フリーランスとして仕事を始められます。

個人で事業を始めるメリットは、時間の自由度や事業の方向性を決められることなど多岐にわたりますが、リスクも存在します

会社員と違い、事業が失敗した際の責任を負う必要があるため、マーケティングの知識や資金調達方法などを十分に勉強しましょう。

個人で事業を始める方法の代表例は、以下の通りです。

  • ECサイトやアフィリエイトサイトの運営
  • サロンやスクールの運営

まずは、社会人や業務委託でスキルと経験を身に付けるのが一般的です。

フリーランスが在宅でできる仕事24選

フリーランス 仕事 在宅 仕事

次に、フリーランスが在宅でできる仕事の24種紹介します。

フリーランスの仕事は、未経験から始められる職種やスキルが必要な職種など、さまざま存在します

自分の得意領域を1度考えてから、選択するのがおすすめです。

それでは、詳しく解説します。

Webライター

在宅でできる仕事として、Webライターが挙げられます

Webライターとは、企業や個人のサイトに投稿する記事やコンテンツを作成する仕事です。

執筆する記事は、企業サービスの紹介やイベントルポなど、さまざまな内容が存在します。

基本的にWebライターは、インターネット環境とパソコンがあれば場所を問わず働けるため、文章を書くのが好きな方や場所に縛られず働きたい方におすすめの仕事です。

システムエンジニア

フリーランスが在宅でできる仕事の1つに、システムエンジニアが挙げられます

システムエンジニアとは、クライアントの要求に応じたシステムを開発する仕事です。

対応する業務は、要件定義やプログラミング、システムの運用・保守など、幅広いのが特徴です。

システムエンジニアは、インターネット環境が整っている場所であればパソコン1台で仕事ができます

そのため、自分のライフスタイルを大切にしたい方やシステムエンジニアの専門知識を有している方におすすめです。

せどり

せどりは、フリーランスが在宅で行える仕事の1つです。

せどりとは、安く仕入れた商品をインターネットで高く販売することで、差額の利益を得るビジネスモデルです。

近年では、ヤフオクやメルカリを活用したせどりが流行しています。

自宅で商品説明欄の記入や梱包作業を行えるため、自分の好きな時間で働きたいと考えている方には、適している仕事です。

株式投資

株式投資は、フリーランスが在宅で実施できる仕事として挙げられます

株式投資とは、株式市場で株を売買することにより利益を得る仕事です。

好きな時間に株式市場を確認できることやインターネット環境があれば、取引を行えるため、在宅で稼ぎたいと考えている方は、検討してみましょう。

しかし、株式投資には損失がでてしまうリスクもあるため、知識を習得して金銭的に余裕がある状態で始めるのがおすすめです。

FX

株式投資同様に、FXもインターネット環境があれば取引を行えるため、フリーランスが在宅でできる仕事の1つです。

FXとは、異なる国の通貨を取引することで、差額の利益を得る方法です。

FXの取引所は、基本的に24時間空いているため、自由な生活がしたい方におすすめできます。

しかし、FXでレバレッジを活用すると損失のリスクが大きくなります

FXに対する十分な経験と知識を身に付けてから、始めるのがおすすめです。

デザイナー

在宅でフリーランスの仕事を始めたい方には、デザイナーがおすすめです。

デザイナーとは、ロゴやWebサイトなど、クライアントの要望に沿ったデザインを考案して、作成する仕事です。

クラウドワークスやココナラなど、さまざまなクラウドソーシングサービスで、仕事の募集があります。

デザイナーは、昔からロゴデザインが好きだった方や創造力に自信がある方に、おすすめの仕事です。

動画編集

近年、動画コンテンツの需要は高まっているため、フリーランスとして動画編集を行う方が増えています

動画編集とは、企業の宣伝ビデオやYouTubeコンテンツの動画を編集して、魅力的に仕上げる仕事です。

動画の制作や編集には、専門的なスキルが必要になりますが、難しいわけではありません。

そのため、動画編集を始めたいと考えている方は、スクールに通いスキルを身に付けるのがおすすめです。

事務・秘書

在宅でできるフリーランスの仕事として、事務・秘書が挙げられます

事務・秘書の仕事内容は、事務処理作業やスケジュール管理、メールの整理など、効率的にビジネスを進めるために必要です。

近年では、チャットツールを利用した在宅秘書の仕事も多数存在するため、インターネット環境やパソコンがあれば在宅で仕事ができます

誰かの役に立ちたい方や細かい作業が得意な方は、事務・秘書の仕事がおすすめです。

ブログ・アフィリエイト

フリーランスが在宅でできる仕事として、ブログやアフィリエイトサイトの運営が挙げられます

フリーランスの方は、ブログやアフィリエイトサイトを運営しながら商品・サービスを販売することで、収益を得ます。

ブログやアフィリエイトサイトは、自分の専門知識が活かせる領域で活動する方が結果を残しやすいです。

そのため、文章を書くのが好きな方で得意分野を活かしたいと考えている場合は、ブログを始めてみましょう

動画配信

近年では、YouTubeやTikTokなどのSNSで動画配信を行い、投げ銭や商品を販売することで収益を得ているフリーランスが多数存在します

動画配信は、自己表現をしながら収益獲得を目指せるため、やりたいことが明確な方におすすめの仕事です。

動画配信で成功すれば、月に数百万円以上稼ぐことも可能なため、夢のある在宅ワークの選択肢でしょう。

翻訳

在宅フリーランスの仕事内容の1つとして、翻訳が挙げられます

翻訳とは、自分の語学力を活かして、ほかの言語を日本語に訳す仕事です。

特に、英語や中国語、スペイン語など、世界的に使用人口の多い言語が求められている傾向にあります

自分の語学力に自信がある方は、ぜひ翻訳の仕事を検討してみましょう。

サロン運営

サロン運営は、在宅フリーランスが継続的な収益を生み出す方法の1つです。

オンラインサロンとは、自分が所有している専門知識や情報をコミュニティの方に共有することで、月額会費を得るビジネスモデルです。

日本で有名なオンラインサロンは、以下の通りです。

  • PROGRESS│中田敦彦主催の学習環境
  • HIU|堀江貴文イノベーション大学校
  • StockSunサロン│株本祐己主催の国内最高レベルコミュニティ

オンラインサロンは、専門的な知識や知名度が無くても、アイデアが優れていれば人が集まる可能性があります

イラストレーター

フリーランスが在宅でできる仕事として、イラストレーターが挙げられます

トラストレーターとは、広告や書籍など、さまざまな媒体のイラストを、クライアントの意向をくみ取って作成する仕事です。

インターネット環境と専門的な道具、イラストのスキルがあれば始められます

初心者が参入するには厳しいですが、目を引くイラストが作成できる方におすすめの働き方です。

ハンドメイド販売

ハンドメイド販売の仕事は、フリーランスとして在宅で行える働き方の1つです。

自分が手作りで作成したアクセサリーや洋服をオンラインマーケットプレイスで販売します。

SNSでバスりそうなユニークなアイテムが作成できる方は、ハンドメイド販売を始めてみましょう。

ハンドメイド販売を検討している方には、バーチャルオフィスのサービスがおすすめです。

バーチャルオフィスNAWABARI
  1. 費用は月額1,100円から利用可能
  2. 多くの企業がNAWABARIを選んでいる実績がある
  3. 電話要件や郵便物受け取りサービスを利用できる

少しでも興味がある場合は、下記のリンクから詳細をチェックしてみましょう

ネットショップ

フリーランスが在宅でできる仕事として、ネットショップの運営が挙げられます

インターネットの普及により、実店舗が無くても商品やサービスを販売できるようになりました。

そのため、自分の家で在庫を抱えて、オンラインマーケットプレイスで販売すれば、在宅でもお店を構えられるのが現状です。

ネットショップの運営で成功するためには、専門的な知識も必要になるため、十分に知識を身に付けてから始めましょう

コンサルタント

インターネット環境が普及して、オンライン会議や在宅勤務が主流になったことにより、コンサルタントが在宅ワークとして行えるようになりました。

コンサルタントとは、クライアントの課題解決や目標達成のために、専門知識を用いたアドバイスや戦略を組み立てる仕事です。

仕事が舞い込んでくるコンサルタントになるためには、実績や知識が欠かせません

そのため、初心者の参入は難しく、社会人や組織に入り経験を積む必要があります。

飲食店

フリーランスが在宅でできる仕事として、飲食店が挙げられます

飲食店の定義は、調理した飲食物をお客さんに食べさせる店です。

飲食店の開業には、最低限以下の資格が必要になります。

  • 食品衛生責任者
  • 防火管理者

飲食店の経営は、料理に自信がある方におすすめの働き方です。

カメラマン

フリーランスが在宅でできる仕事として、カメラマンが挙げられます

カメラマンとは、自分の写真撮影技術を活かしながら、クライアントや顧客のニーズに合った写真を用意する仕事です。

在宅でできるカメラマンの仕事は、以下の通りです。

  • 商品の物撮り
  • ストックフォトサービスで写真販売
  • フォトコンテストに応募

カメラマンとしてのスキルがある方は、企業と業務委託契約書を結んで働いてみましょう

プログラマー

プログラマーも、フリーランスが在宅でできる仕事の1つです。

プログラマーとは、クライアントのニーズに合ったウェブサイトやアプリケーションの開発を行う仕事です。

プログラマーとして活動するには、専門的な知識や経験が必要になるため、まずはスクールに通うことをおすすめします。

パソコンを操作するのが好きな方や高単価の仕事がしたい方は、プログラマーを検討してみましょう。

データ入力

フリーランスが在宅でできる仕事として、データ入力が挙げられます

データ入力とは、専門的な知識が必要なく、基本的なパソコン操作ができれば、すぐに働けます。

業務内容は、Excelシートにアンケート結果をまとめることや文章の打ち込みです。

データ入力は、即金性のある仕事を始めたい方やパソコン操作に慣れている方におすすめの働き方です。

ECサイト運営

フリーランスが在宅でできる仕事として、ECサイト運営が挙げられます

ECサイト運営は、ECサイトの作成や商品の企画、発送手続きに至るまで、業務が幅広いのが特徴です。

ECサイトの作成には、専門知識が必要になるため、自分で制作する場合は勉強しましょう

ECサイト運営には、数十万単位の費用が掛かるため、注意が必要です。

SNS運用

近年、SNSは企業や個人にとって欠かせないツールであり、フリーランスとして企業のSNS運用を代行する仕事があります

また、SNS運用代行以外にも、自身のSNSを運用してフォロワー数を獲得すれば、さまざまなビジネスにつなげられるでしょう。

SNSでの発信活動に興味がある方は、SNS運用の勉強を始めてみるのがおすすめです。

Webサイト制作

フリーランスが在宅でできる仕事として、Webサイト制作が挙げられます

Webサイト制作とは、クライアント要望に沿ってWebサイトの作成を代行する仕事です。

インターネット環境とパソコンがあれば業務可能ですが、専門知識が必要になることは理解しておきましょう

仮想通貨

仮想通貨とは、物理的な実体を持たないデジタル通貨であり、需要と供給によって、価格が変動します。

そのため、安いときに買い、高いときに売る投資として、仮想通貨を利用可能です。

仮想通貨投資を始める場合は、仮想通貨取引所での口座開設などが必要になるため、準備期間があります。

もちろん、資産が減るリスクもあるため、注意しましょう。

在宅で仕事するフリーランスが増えすぎ?近年のフリーランス事情を解説

フリーランス 仕事 在宅 フリーランス事情

次に、近年のフリーランス事情を紹介します。

在宅フリーランスは、新型コロナウイルスの影響で増えた背景があります。

また、平均年収はフリーランス協会「フリーランス白書2023」によると、400万~600万円程度と推測できます

それでは、詳しく見ていきましょう。

在宅フリーランスが増えている背景

在宅フリーランスが増えた背景として、新型コロナウイルスの流行が挙げられます

新型コロナウイルスの流行により、リモートワークやテレワークという働き方が認知され、自宅からでも仕事ができるようになりました。

また、新型コロナウイルスの流行により収入が減ってしまった方も多く、生活費を補填するために副業でフリーランスの活動を始めた方もいます

新型コロナウイルスにより、働き方の多様性が認知されたことが、在宅フリーランスが増えた背景です。

フリーランスの平均年収

フリーランス 仕事 在宅 平均年収
https://blog.freelance-jp.org/wp-content/uploads/2023/03/FreelanceSurvey2023.pdf

フリーランス協会「フリーランス白書2023」によると、フリーランスの年収は200~400万円未満が多いと分かります

600万円以上稼いでいる方は、全体の30%程度存在するため、フリーランスが稼げないわけではないと理解できるでしょう。

上記のアンケートは、850人を対象としているため、中央値で考えた場合の平均年収は400~600万円未満となります。

在宅で仕事するフリーランスのメリットとは?

フリーランス 仕事 在宅 メリット

次に、在宅で仕事をするフリーランスのメリットを2つ紹介します。

フリーランスは、収入の上限が無くスキルによって変動するため、より多く稼ぎたい方におすすめです。

それでは、詳しく解説します。

時間や場所に縛られない

在宅で仕事をするフリーランスのメリットとして、時間や場所に縛られないことが挙げられます

成果物報酬の場合は、決められた時間で働く必要がないため、平日の昼間に運動やショッピングなどの時間を確保できます。

在宅で働く場合は、通勤時間も必要ないため、時間を有意義に進められるでしょう。

スキルアップして高収入を目指せる

フリーランスとして働く利点の1つに、自分のスキルを高めて高収入を目指せる点が挙げられます

スキルアップをして自分にしかできない仕事をすれば、単価アップが見込めます。

収入の天井もないため、会社員として働くよりも短期間で売上を伸ばせるでしょう。

安定よりも多くの収入を稼ぎたいと考えている方は、フリーランスが向いています

在宅で仕事するフリーランスのデメリットとは?

フリーランス 仕事 在宅 デメリット

次に、在宅で仕事をするフリーランスのデメリットを2つ紹介します。

フリーランスは、仕事とプライベートの区別が社会人に比べて、曖昧になる傾向があります。

また、毎月定額で給料がもらえるわけではないため、安定した収入は得づらいです。

それでは、詳しく解説します。

仕事と私生活の区別をつける必要がある

在宅で働く場合は、仕事とプライベートの区別が難しいというデメリットがあります

職場と仕事の場所が一緒になるため、仕事中にプライベートな時間が割り込んでしまうと、仕事効率の低下が考えられます。

仕事を辞めるタイミングが分からずに、過度に労働してしまう点にも注意が必要です。

安定した収入や福利厚生はない

安定した収入や会社員のような福利厚生がないことも、フリーランスのデメリットです。

フリーランスは、自分で営業をして仕事を獲得する必要があります。何もしないで仕事が舞い込んでくることは少ないため、収入が安定しません。

また、病気やケガで働けなくなった場合の福利厚生が整っていないため、自己管理はきちんと行いましょう。

在宅フリーランスとして仕事を始める際の注意点とは?

フリーランス 仕事 在宅 注意点

次に、在宅フリーランスとして仕事を始める際の注意点を4つ紹介します。

フリーランスとして働く場合は、クライアントとの信頼関係が大切です。

クライアントとのコミュニケーションを重要視することで、継続して案件を受注できます。

それでは、詳しく見ていきましょう。

確定申告など各種手続きを自分で行う

フリーランスとして仕事を始めた場合は、確定申告や各種手続きを自分の力で行う必要があります

会社員の場合は、事務担当の方が代わりに行ってくれますが、自営業の場合は、自ら経費をまとめて税務署に申告する必要があります。

フリーランスの仕事を始めたい方は、税金に関する知識も勉強する必要があると覚えておきましょう

クライアントと信用を築く必要がある

フリーランスは、クライアントとの信頼関係を十分に築く必要があります

クライアントの信用を獲得できれば、継続した仕事の受注や新規クライアントへの紹介につながり、安定した収入が見込めるでしょう。

反対に、コミュニケーション不足でクライアントの信用を築けない場合は、常に仕事がなくなる可能性があります。

環境の整備が必要になる

在宅フリーランスとして働く場合は、自宅に仕事ができる環境を整備する必要があります

長時間パソコンを使用する仕事であれば、インターネット環境や仕事用の椅子、テーブルが必要になるでしょう。

また、リモート会議がある職種の場合は、マイクやカメラなどの周辺機器も用意しなければならない可能性があります。

法律関係のトラブルに気をつける

フリーランスは、個人として責任があるため、会社員に比べると法律関係のトラブルに巻き込まれる恐れがあります

対策としては、法律関係の知識を身に付けることやクライアントとの契約書には、必ず目を通して疑問点があれば解消するようにしましょう。

フリーランスは、自分の身を自分で守る必要があります。

在宅フリーランスとして仕事をする際のよくある質問とは?

フリーランス 仕事 在宅 よくある質問

最後に、在宅フリーランスとして仕事をする際の3つの質問を紹介します。

未経験の方は、おすすめの仕事や求人の探し方を疑問に思う傾向があります。

よくある質問を理解することで、スムーズにフリーランスとして働けるようになるでしょう。

それでは、詳しく解説します。

未経験のフリーランスが在宅でできるおすすめの副業や求人の探し方は?

未経験のフリーランスにおすすめできる求人の探し方は、以下の通りです。

  • 友人や仕事仲間の人脈を利用する
  • クラウドソーシングサービスを利用する

未経験の場合は、ココナラやクラウドワークスを利用して、初心者歓迎の案件に応募しましょう

また、友人や仕事仲間に案件を紹介してもらう方法もおすすめです。

未経験の正社員でも在宅でできる仕事は?

未経験の正社員でも、副業として始めやすい在宅の仕事は、以下の通りです。

  • Webライター
  • 動画編集
  • ブログ・アフィリエイトサイト運営
  • せどり

上記の4つの職種は、きちんと勉強をして知識を身に付ける必要はありますが、未経験でも始めやすい仕事です。

自分の得意分野や興味があるジャンルを選択しましょう。

フリーランスが完全在宅で仕事をする方法は?

フリーランスが完全在宅として仕事をする方法は、以下の通りです。

  • 完全在宅で働ける職種を選択する
  • 適切な環境を整える
  • 自己管理を十分に行う

在宅で働ける環境づくりと職種の選択が大切です。

また、自己管理を徹底することで、フリーランスとして成功する可能性が高まり、在宅勤務が続けられるでしょう

フリーランスが完全在宅で仕事をするならNAWABARIのバーチャルオフィスがおすすめ

フリーランス 仕事 在宅 まとめ

この記事では、フリーランスが未経験から在宅ワークを始められる職種やフリーランスのメリット・デメリットを紹介しました

記載した注意点やよくある質問を十分に理解することで、フリーランスとしてスムーズに活動を始められるでしょう。

しかし、フリーランスにはさまざまなリスクが存在します。

リスクの1つに、住所がバレることによる迷惑行為などのトラブルが挙げられます

住所バレの対策には、バーチャルオフィス「NAWABARI」がおすすめです。

NAWABARIで仕事用の住所を契約すれば、事業の初期費用を抑えられます。

また、インフルエンサーの方は、ファンレターやファンからのプレゼントを受け取る住所として最適です。

バーチャルオフィスNAWABARI
  1. 費用は月額1,100円から利用可能
  2. 多くの企業がNAWABARIを選んでいる実績がある
  3. 電話要件や郵便物受け取りサービスを利用できる

少しでも気になった方は、下記のリンクから必要事項を記入してお申し込みください